ライター : 笹田 実希

管理栄養士

行政栄養士として、学校や病院などの給食施設で働く栄養士と連携し地域住民の栄養改善業務を行う。現在はライターとして身近で役立つ健康・栄養情報を発信している。

コーンフレークの栄養

糖質

コーンフレーク100gには、糖質が81.2g含まれています。

炭水化物に含まれる成分のうち、消化されてエネルギー源となるのが糖質です。糖質が不足すると、エネルギー不足により疲労感を覚えたり、集中力の低下を招いたりすることがあります。過剰に摂りすぎると中性脂肪として蓄積され、肥満の原因となるので注意が必要です。(※1,2)

食物繊維

コーンフレーク100gには、食物繊維が2.4g含まれています。

食物繊維には、血中コレステロール値を下げる、食後血糖値の急激な上昇を抑えるといった作用があります。さらに、腸内のビフィズス菌や乳酸菌などの善玉菌の割合を増やし、腸内環境を整えるはたらきもあるため、便秘対策に摂り入れたい成分です。(※1,3)

ナトリウム

コーンフレーク100gには、ナトリウムが830mg含まれています。食塩相当量に換算すると2.1gです。

ナトリウムは、食塩を構成する栄養素で、食塩はナトリウムと塩素からできています。ナトリウムは体内の水分量の調節や、神経や筋肉を正常に動かすのに不可欠な栄養素です。しかし、摂りすぎると血圧が高くなったり、むくみの原因となったりするので注意が必要。栄養成分表示の「食塩相当量」を確認して摂りすぎには気を付けましょう。(※1,4,5)

コーンフレークのカロリーと糖質量

コーンフレーク100gのカロリーと糖質量

エネルギー量(カロリー)…… 381kcal
糖質量……81.2g(※1)
※新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、不要不急の外出は控えましょう。食料品等の買い物の際は、人との距離を十分に空け、感染予防を心がけてください。
※掲載情報は記事制作時点のもので、現在の情報と異なる場合があります。
この記事に関するキーワード

特集

FEATURE CONTENTS