ライター : 渡辺 りほ

管理栄養士

学校給食センターにて、管理栄養士として献立作成や食に関する指導に従事した経験から、子どもたちだけでなく幅広い世代への「食育」に興味を持つ。現在は在宅WEBライターとして、栄養…もっとみる

ブロッコリーのカロリーと糖質量はどのくらい?

ブロッコリーの100gあたりのカロリーは33kcalと低カロリー。また、糖質量は0.8gと、実は低糖質な野菜ですよ。100gあたりのキャベツの糖質量は3.4gなので、同量で比較すると、ブロッコリーの糖質量はキャベツの約4分の1です。(※1)

ブロッコリー1株(380g)のカロリーと糖質量

エネルギー量(カロリー)……125kcal
糖質量……3.1g

ブロッコリーの栄養素はなにがある?

塩分の排出に役立つ「カリウム」

塩分(ナトリウム)の排出を促す作用があり、塩分のとりすぎを調節するのに役立つ「カリウム」。ブロッコリーには、100gあたり360mg含まれています。

カリウムは水に溶ける性質を持つため、ゆでたブロッコリーのカリウムの含有量は100gあたり180mgに減ってしまいます。カリウムを効率よくとるには、ゆで汁ごと食べられるスープがおすすめです。(※1,2)

肌の健康をサポートする「ビタミンC」

ブロッコリーには、皮膚や粘膜の健康維持に役立つ「ビタミンC」が豊富に含まれています。ビタミンCには、鉄分の吸収率を高めるはたらきもありますよ。

ブロッコリー100gあたりに含まれるビタミンCの量は120mg。ただし、ビタミンCも水溶性。ゆでたブロッコリーにおけるビタミンCの含有量は、100gあたり54mgです。(※1,3)

老化を防止してくれる「ビタミンE」

強い抗酸化作用を持つ「ビタミンE」。ブロッコリーには、100gあたり2.4μg含まれています。ビタミンEは油に溶ける性質を持つので、吸収率を高めるには調理油を合わせるとよいですよ。

ビタミンEには体内の脂質の酸化を防ぐ作用があるため、細胞膜の酸化による体内の老化防止に役立ちます。(※1,4)
※新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、不要不急の外出は控えましょう。食料品等の買い物の際は、人との距離を十分に空け、感染予防を心がけてください。
※掲載情報は記事制作時点のもので、現在の情報と異なる場合があります。
この記事に関するキーワード

特集

FEATURE CONTENTS