きれいにやせる!「ブロッコリーダイエット」の効果とやり方は?

「ブロッコリーダイエット」は、きれいにやせると注目の減量法。効果が高く、やり方も簡単で、リバウンドの心配もいりません。脂肪太り、水太り、便秘太り、どのタイプにも効果的なんですよ。ブロッコリーダイエット、ぜひ試してみてくださいね。

ブロッコリーダイエットとは?

ブロッコリーダイエットと聞いて、どんな方法を思い浮かべますか?多くの人が「1食をブロッコリーに置き換える」と考えたかもしれません。置き換えダイエットは1日の摂取カロリーを低く抑えられるので、確かに短期間でやせることが可能です。とはいえ、こわいのが減量に成功したあと、通常の食事に戻してリバウンドすること。みなさんのなかにも、そんな経験をお持ちの人がいらっしゃるかもしれません。

ブロッコリーダイエットの場合、1食に置き換える必要はありません。ブロッコリーの栄養と性質を活かして、毎日の食事に取り入れるだけ。いたって簡単ですし、置き換えダイエットのようなリバウンドの心配もないんです。

ブロッコリーのダイエット効果って?やり方は?夏野菜の代表格、ブロッコリーで効率よくやせる方法をご紹介します。

ブロッコリーダイエットの効果

ブロッコリーは緑黄色野菜のなかでも、とても栄養豊かな野菜のひとつです。ビタミンCはレモン果汁の2倍以上も含んでいますし、各種ビタミンやミネラルもたっぷり。美肌作用があり、きれいにやせる野菜として、いま大人気なんです。

脂肪を燃やす

ブロッコリーに多く含まれるクロムというミネラルは、脂肪を燃焼させる作用があるといわれています。また、脂質の代謝(脂質をエネルギーとして燃やす)に欠かせないビタミンB1も豊富なので、脂肪を体内に溜め込まないように働きます。

むくみを取る

体内の余計な水分を排出させるカリウムも、ブロッコリーに豊富。むくみ取りに役立つので、水太りタイプの人にはぜひおすすめしたい野菜です。

体のデトックス

スルフォラファンという成分が、抗酸化物質の生成を促し、細胞分裂、新陳代謝を上げる効果が期待されています。よって、体内のデトックスを促します。

体内に老廃物が溜まると、むくみの原因になるだけでなく、代謝を下げる原因にもなります。水太り、脂肪太りの両タイプにとって、体内のデトックスは大切です。

便秘を防ぐ

ブロッコリーは食物繊維の含有量も多いので、便秘の予防につながります。ブロッコリーに含まれる食物繊維は不溶性(水に溶けづらい性質)で、腸内で水分を吸収してカサを増します。その結果、腸のぜん動運動が促されて、お通じを促進するのです。

美肌作用

レモン果汁の2倍以上も含まれているビタミンCは、シミやくすみの原因となるメラニンの生成を抑えたり、メラニンを無色化してシミを薄くする作用も期待されています。また、ビタミンAは皮膚や粘膜の保護に役立つので、2つのビタミンを共に摂取できるブロッコリーは美肌作りにぴったりの野菜といえます。

ブロッコリーダイエットのやり方

食事にブロッコリーを取り入れる

冒頭でも少しお伝えしたように、ブロッコリーダイエットのやり方はとても簡単です。毎日の食事に、ブロッコリーを取り入れるだけ。ブロッコリーの1日の摂取量の目安は、100g程度といわれているので(1株の目安300g~400gぐらい)、食事にぜひ加えてみてください。

食前に摂れば、より効果的

ブロッコリーを食前に摂ると、満腹感が得られて食事量を自然と減らせます。また、食物繊維を先に腸内に入れると、その後に入ってくる糖質(炭水化物)の吸収を抑える作用が期待できます。野菜や海藻を最初に摂る→次におかずを摂る→最後に主食を摂るという「食べる順番ダイエット」と同じ要領です。

特集

SPECIAL CONTENTS