美肌効果

ダイエット中は、無理がたたってお肌トラブルが多くなりがち。しかしブロッコリーには、美肌効果が期待できる成分が豊富に含まれているんですよ。 まずビタミンCには、お肌の土台となるコラーゲンの生成を促す作用があり、シワやたるみの対策になります。また、ビタミンAは皮膚や粘膜の保護に役立つので、肌荒れの抑制に。さらにスルフォラファンは、チロシナーゼという酵素の働きを抑えることによるメラニン生成の抑制をするので、シミの対策につながります。(※5)

ブロッコリーのカロリー

ところで、ダイエット中に気になるのは、ブロッコリーのカロリーですよね。毎日ブロッコリーを取り入れるということは、それだけカロリーも余分に摂ることになるわけですから、カロリーオーバーの心配もでてきます。しかし、その心配はいりません。 ブロッコリーは生の状態で100gあたり33kcal(※6)と、とても低カロリー。食べ過ぎはよくないにしても、摂取量の目安を守れば、カロリーオーバーになることはほとんどありません。

ブロッコリーダイエットのやり方

食事にブロッコリーを取り入れる

冒頭でも少しお伝えしたように、ブロッコリーダイエットのやり方はとても簡単です。毎日の食事に、ブロッコリーを取り入れるだけ。 ブロッコリーダイエットにおける一日の摂取量の目安は、100g程度です。一株がおよそ300~400gほどなので、簡単に取り入れられそうですね。

食前に摂れば、より効果的

ブロッコリーを食前に摂ると、満腹感が得られて食事量を自然と減らせます。また、食物繊維を先に腸内に入れると、そのあとに入ってくる糖質(炭水化物)の吸収を抑える効果が期待できます。 野菜や海藻を最初に摂る→次におかずを摂る→最後に主食を摂るという「食べる順番ダイエット」と同じ要領です。

茎まで食べる

ブロッコリーの茎には、食物繊維のほか、栄養がギュッと詰まっています。捨てずに一緒に食べることで、ブロッコリーのダイエット・美肌効果が高まりますよ。
※新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、不要不急の外出は控えましょう。食料品等の買い物の際は、人との距離を十分に空け、感染予防を心がけてください。
※掲載情報は記事制作時点のもので、現在の情報と異なる場合があります。
この記事に関するキーワード

編集部のおすすめ