パイナップルダイエットの効果とやり方。ポイントは代謝!

食事にパイナップルを取り入れるだけでダイエット効果がある!と、注目を集めています。詳しいやり方もあわせて、この記事では「パイナップルダイエット」の全容に迫ります。いったいパイナップルにはどんな栄養成分があり、どんな効果が期待できるのでしょうか?

2019年10月16日 更新

監修者 : 工藤 孝文

工藤内科 副院長

福岡大学医学部卒業後、アイルランド、オーストラリアへ留学。現在は、福岡県みやま市の工藤内科で診療を行っている。 「ガッテン!」(NHK)、「世界一受けたい授業」(日本テレビ)、…もっとみる

ライター : tep

美容と健康情報に詳しい三十路男性。 書くこと、大好きです。

パイナップルのカロリーと糖質量

ダイエットにパイナップルを取り入れるなら、カロリーと糖質量が気になりますよね。まずは、そのふたつを確認してみましょう。

カロリー

パイナップルのカロリーは、100gあたり53kcal。(※1)コンビニやスーパーで販売されているパック詰めの商品だと、だいたい130gほど入っているので、すべて食べると約69kcalになります。

ほかの果物との比較(100gあたり)

・オレンジ(ネーブル)……46kcal(※2) ・りんご(皮むき)……57kcal(※3) ・ぶどう……59kcal(※4) ・バナナ……86kcal(※5) ここでは、日常的に食べるフルーツと比べてみました。上記だと、パイナップルはオレンジの次にカロリーが低いことになりますね。しかし、りんごやぶどうとあまり差がないため、特別高カロリーでも低カロリーでもないことが分かります。

糖質量

糖質量は、食品中に含まれる炭水化物量から食物繊維量を引いた値を指します。パイナップルの糖質量は、100gあたり12.5g。(※1)市販パック(130g)だと、約16.3gです。

ほかの果物との比較(100gあたり)

・オレンジ(ネーブル)……10.8g(※2) ・りんご(皮むき)……14.1g(※3) ・ぶどう……15.2g(※4) ・バナナ……21.4g(※5) カロリーと同じく、オレンジの次に糖質量が少ないパイナップル。バナナと比べると、その差は歴然ですね。

パイナップルの栄養とダイエット効果

※新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、不要不急の外出は控えましょう。食料品等の買い物の際は、人との距離を十分に空け、感染予防を心がけてください。
※掲載情報は記事制作時点のもので、現在の情報と異なる場合があります。

特集

FEATURE CONTENTS