ライター : IsFoodHealthLABO

I's Food & Health LABO.(アイズフードヘルスラボ) 管理栄養士、栄養士をはじめとした有資格者が所属する食と健康のエキスパート集団。EBN(Evidence Based Nutrition)の考え方を大…もっとみる

おかゆでダイエットができると言われる理由

ダイエットの基本は、エネルギーの摂取量(食事によるもの)を消費量(運動などによるもの)よりも少なくすること。おかゆでダイエットができると言われている理由は何なのでしょうか?(※1)

カサ増しでご飯の量が減らせる

「わざわざおかゆにしなくても、ご飯を減らして食べればよいのでは?」という疑問が浮かぶかもしれません。 おかゆはご飯に比べて水分の量が多く、その分、カサが増すことになります。水分量が多いので通常よりも少ないご飯の量でもお茶碗1杯分を食べることができるのです。 ダイエットというと食べる量が少なくなるイメージですが、おかゆにすると食べる量(体積)は変えなくてよいので、満足度も上がり続けやすいと考えられます。

カロリーが減らせる

おかゆは水分をたっぷり含むため、同じ1杯でもお米の量を減らすことができます。そのため同じ1杯でもカロリーカットが可能に!ごはん1杯のカロリーとおかゆ1杯分のカロリーを比較してみましょう。 ご飯 1杯(約150g) 約250kcal おかゆ1杯(約250g)  約180kcal その差は約70kcal。ご飯をおかゆに置き換えるだけでカロリーをカットできるので、無理なくダイエットを続けることができますね!(※2,3)

おかゆダイエットのやり方

通常の食事のご飯をおかゆに置き換える

「おかゆダイエット」だからおかゆしか食べないと言うのは、栄養バランスなどのことを考えるとおすすめできません。普段の食事のご飯をおかゆに置き換えるようにしましょう。 3食をおかゆに置き換えた場合、1日で240kclのカロリーカットができることになります。体重を1kg減量するには約7,000kcalを調整する必要があると言われています。 ごはんをおかゆに置き換えることで1ヶ月に1kgの減量につながると考えられます。(※4)

長期的に続ける

極端に食事量を減らすダイエット法は長続きしづらく、栄養素を十分に摂れていなかった場合、体調不良を起こす可能性もあります。 ご飯をおかゆに置き換えることによって減らせるカロリーは1食あたり約80kcalと決して多いとは言えません。 短期的なダイエット効果にはつながりにくいかもしれませんが、長期的に続けることで無理のない確実な減量を目指すことができそうです。

おかゆダイエットで注意するポイントは?

※新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、不要不急の外出は控えましょう。食料品等の買い物の際は、人との距離を十分に空け、感染予防を心がけてください。
※掲載情報は記事制作時点のもので、現在の情報と異なる場合があります。
この記事に関するキーワード

特集

FEATURE CONTENTS