ライター : IsFoodHealthLABO

I's Food & Health LABO.(アイズフードヘルスラボ) 管理栄養士、栄養士をはじめとした有資格者が所属する食と健康のエキスパート集団。EBN(Evidence Based Nutrition)の考え方を大…もっとみる

寒天ダイエットで期待できることは?

便秘予防に役立つ

ダイエットをはじめると、食事量が減って、便秘になりやすいという人も多いのではないでしょうか。寒天には、低カロリーでありながら、食物繊維が多く含まれているのが嬉しいポイント。 食物繊維は、便通をスムーズにし、腸内環境を整えるうえで欠かせない成分。身体の中で有用な働きをすることが注目され、第6の栄養素といわれることもあります。 食べたものをきちんと出して、体にため込まないようにしていきたいですね。(※1)

血糖値の上昇を防ぐ働きが

食物繊維には、整腸作用のほかにも、血糖値の上昇を和らげる働きがあります。血糖値が上がると、膵臓から血糖値を下げる働きがあるインスリンというホルモンが分泌されます。 急激な血糖値の上昇は、インスリンの過剰分泌につながり、2型糖尿病のリスクを高めてしまうため、注意が必要です。 インスリンは、血液中の糖を細胞にとりこみ、エネルギー源として利用するサポートをするだけでなく、余った糖からグリコーゲンや中性脂肪を合成して体に蓄積することも促進します。 食物繊維を上手に取り入れて血糖コントロールをし、インスリンの過剰分泌を防ぐことは、糖尿病予防の観点からだけでなく、ダイエットにも重要です。(※2)

ダイエットに役立つ!寒天の基礎知識

寒天ってなに?

もともとは、海藻のテングサの粘液質を凍結させ、乾燥したもの。現在は、テングサだけでなく、オゴノリ(海藻)も原材料として混ぜているものも多いようです。 スーパーなどでよく見かけるのは、棒状の「角寒天(棒寒天)」と粉末状の「粉寒天」。最近では、サラダやスープ用にパッケージされた、糸状の「糸寒天」も販売されています。

カロリーはどのくらい?

寒天のカロリーは、1回で使用する目安の量(角寒天で8g、粉寒天で4g程度で算出)で計算すると、約7〜12kcalほど。 水分を吸収し膨らむため、お腹にたまりやすいという特徴があるのも嬉しいポイント。低カロリーなのでダイエット中でも安心して食べることができます。(※3,4)
※新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、不要不急の外出は控えましょう。食料品等の買い物の際は、人との距離を十分に空け、感染予防を心がけてください。
※掲載情報は記事制作時点のもので、現在の情報と異なる場合があります。
この記事に関するキーワード

特集

FEATURE CONTENTS