7. 食感が豊か「ごぼうとにんじんの筑前煮」

鶏肉のこってりとした旨みと、根菜の深みがある上品な味わいは王道の組み合わせ。火を通すとパサつきがちな鶏肉は、あらかじめ弱火で炒めておき、最後に煮物と合わせるのがおすすめです。たくさん作って、保存食として冷蔵庫にキープしておきましょう。一度冷ましてから再び温めると、味がこっくりと染み込んでおいしさも倍増です!

8. きんぴら風「ごぼうとにんじんの牛肉しぐれ煮」

切って水に晒したごぼうとにんじんを牛肉と一緒に炒め合わせます。調味料を加えて水分が減るまで煮詰めたら器に盛り付けましょう。ごまとネギをたっぷりかけてお好みでチーズなどをかけてもおいしく食べられるでしょう。

9. 具だくさんで見た目もかわいい「五目煮」

小さなお子さまや年配の方でも食べやすいコロコロサイズにカットした、五目煮も素朴な家庭料理のひとつですね。にんじんの鮮やかな色合いが、料理をおいしく引き立てます。短時間で料理を仕上げたいときは、圧力鍋での調理がおすすめです。ごぼうはアクをしっかりと抜くことで、ほかの食材に色移りがせずきれいに炊き上がりますよ。

10. 煮物の定番「ごぼうとにんじんのきんぴら」

ごぼうとにんじんのお惣菜の定番と言えば、やっぱりきんぴらごぼうでしょう。きんぴらはしっかりと油で炒めることで、香ばしさがアップ!最後にごま油をサッと回し入れ、風味豊かなおかずに仕上げるのがおいしさのポイントです。小さく刻んで、ご飯と混ぜ合わせれば簡単な混ぜご飯にもなりますよ。

「ごぼう×にんじん」の温かいスープレシピ5選

11. 酒粕入り!「ごぼうとにんじんの味噌汁」

酒粕のこってりとしたコクと芳醇な味噌の香りを生かした、贅沢なお味噌汁です。根菜のごぼうやにんじんを入れることで、味に深みが出てとてもおいしくなりますよ。さつまいもや里芋やじゃがいもなど、旬のお野菜を入れてヘルシーなお味噌汁を味わってみてくださいね♪

12. ごぼうとにんじんの中華スープ

皮がついたままのごぼうとにんじんをカットし、サラダ油で炒めます。火が通ったら水とコンソメを加えてさっと沸かしたら完成です。食べる直前にこしょうをふりかけると香りが立ってアクセントもバッチリです。根菜の皮まで味わえるカンタンレシピですよ。
この記事に関するキーワード

編集部のおすすめ