ライター : 稲吉永恵

ローフードマイスター・野菜ソムリエ・オーガニックコンシェルジュ

野菜や果物の持ち味を生かす食べ方を提案する野菜ソムリエ。通関士として企業に勤務後、美容師・ローフード認定校講師として働きながら、パンと焼き菓子を製造販売しています。不調や不…もっとみる

そうめんを焼いてリメイク4選

1. 好みのトッピングで。そうめんピザ

そうめんをゆで、にんにくを和えて両面カリッと焼くピザ生地風。ケチャップ、ミニトマト、コーン缶、ピーマンなど、彩り華やかな仕上がりになっています。具材はお好みで、いろいろのせでOK。小さなお子さんにもおすすめのひと品です。

2. おつまみに。豚キムチそうめんチヂミ

Photo by macaroni

残り物のそうめんのリメイクでも、一押しの豚キムチそうめんチヂミ。外側はカリッと中はふんわりもっちりで、歯切れがよいのが魅力です。キムチや小口ねぎの辛味や香りが効いて、おつまみにもってこいですよ。具材は魚介類や大葉などお好みのものに変えて楽しんでください。

3. お昼にぴったり。そうめんお好み焼き

Photo by macaroni

そうめんで作るお好み焼きは、まとまりやすく作りやすいです。簡単にできてボリューム感があるため、ササッと済ませたいお昼にもってこいですよ。キャベツや豚バラ肉のほかに、コーン缶やとろけるチーズ、切り餅など冷蔵庫にある食材を入れて作ってみてください。

4. 見事なアレンジ。香ばしいあんかけそうめん

Photo by macaroni

そうめんはゆでて時間が経つと、食感が悪くなりますよね。そんなときでも、香ばしく焼いてあんかけにすれば、十分おいしく食べられます。ポイントは、きれいな焦げ目が付くまでしっかりと焼くこと。カリッとよい食感にとろりとあんが絡み、箸が止まりませんよ。

そうめんを炒めてリメイク4選

5. お手軽。そうめんチャンプルー

Photo by macaroni

そうめんの炒め物で、もっともポピュラーなのがチャンプルーですよね。言わずと知れた、沖縄の郷土料理です。そうめんは炒めるときにも熱が入ることを意識し、少し固めにゆでるようにしましょう。

6. 旨味広がる。そうめんのオイスターソース炒め

そうめんをオイスターソースで味付けすれば、しっかりと食べごたえあるひと品に。これだけでもおいしく食べられますが、お酒やごはんのお供にすればさらに絶品!具材は冷蔵庫にあるもので作りましょう。

編集部のおすすめ