黄金比で簡単ふっくら!失敗知らずの「煮魚」をおいしく作るコツ5選

煮魚を作るのは難しいイメージがあり、料理初心者には少しハードルが高いですよね。しかし煮魚を作るときに、下ごしらえのポイントや煮汁の黄金比などをしっかり守れば、意外に簡単にふっくらした煮魚ができちゃうんですよ!ぜひ試してみてくださいね。

煮魚を簡単においしく作るコツ

煮ても焼いても楽しめるのが魚の魅力ですね。しかしちょっと敷居が高い・難しい気がする煮魚の作り方、どういう点に注意すればいいのでしょうか?

1、下ごしらえをきちんとする

新鮮な魚はウロコをひき、えらや内臓を除去し、包丁で切れ目を入れて、霜ふりしましょう。取り残したウロコや血あいを流水できれいに取り除くことも大事です。ちなみに「霜ふり」とは沸騰したお湯に魚や肉をくぐらせて氷水で引き締めることを指すそうです。
表面だけに火を通すことで臭み消しになりうまみを封じ込めることもできるんだそうですよ!

2、煮汁の黄金比は……

煮汁の調味料の割合ですが、水4、酒4、醤油1、みりん1、砂糖0~1の割合で作りましょう。煮汁の量は魚が半分ほどつかるぐらいです。

3、鍋は魚がちょうど収まる程度のものを使用

よく使用されるのは、アルミ製の雪平鍋。深さがあるので煮るのは重宝しますが、お皿に取り出しにくいという欠点もあります。フッ素樹脂加工のフライパンがおすすめ。焦げ付きづらく取り出しやすいので、煮魚するにはいいですよ!

4、必ず沸騰してから魚は入れる

これは一番気をつけないといけないポイントのようです。水から煮ると、煮汁に魚の生臭さがぜんぶ流れ出してしまい、臭みのある煮魚になるのです。煮詰まってきたら煮汁は回しかけましょう。また煮汁が全体に染み込む様に落し蓋もするといいですよ。

5、臭み消しにはショウガや酒・梅干し・味噌がいい

鮮度の高い魚なら醤油だけでもいいのですが、臭いが気になる場合は、ショウガや酒、梅干し、味噌を煮汁に加えるといいでしょう。また酒は魚の身をふっくらさせてくれるそうです。梅干は酸味で骨までやわらかくするんだそうです。

今夜の献立は煮魚に決まり!

ということで、これらのコツを覚えておいて、煮魚をするときには参考になさってください。煮魚は基本強火で短時間というのも大事なようなので、10分ぐらいを目安に作ってくださいね^^

特集

SPECIAL CONTENTS