料理上手はどうして「落し蓋」を使う理由とは。なくても代用できる?

みなさんは、煮物や煮魚などを作るときに落し蓋は使用していますか?使っても使わなくても変わらないと思っている方もいらっしゃるのではないでしょうか。ですが、落し蓋には様々なメリットがあるのです。今回は落し蓋の上手な活用方法と種類をご紹介します。

落し蓋ってどうして使うの?

みなさんは、料理をする時に落し蓋を使用していますか?一応「落し蓋」という商品が売ってはいるものの、一人暮らしだったり、外食が多かったりする人だと持っていないという方もいらっしゃるかもしれませんね。

実際料理を作る際に使用してもしなくても味は変わらないんじゃないの?と思ったりもしますが、落し蓋をすることにより色々なメリットがあるのです。

今回はそんな落し蓋のメリットや、落し蓋をわざわざ買わなくてもできる代用品をご紹介いたします。

落し蓋とは?

落し蓋は、和食で煮物などを作る時にグツグツ煮ている具材にかぶせて、使われることが多いです。鍋よりもひとまわり小さい蓋で、煮物を作る際に煮くずれを防ぎ、味を染みこませるために材料の上にのせて使います。

落し蓋には木製や金属製などさまざまな素材のものがあります。また、落し蓋がない場合でも、クッキングシートやアルミホイルで代用をすることもできます。

落し蓋の使い方と注意点

使い方はとても簡単で、煮物料理を作る際に鍋の中の材料の上に直接のせて使います。ま
た、落し蓋をする際は、基本的には鍋の蓋は使用しません。しかし、早く具材に火を通したい場合には使用することもあります。

落とし蓋で注意すること

木製の落とし蓋を使用する際には、使う前に水でさらして、水気をで拭き取ってから使うことをおすすめします。前もって水にさらすことにより、臭いや煮汁の染み込みをある程度防ぐことができるためです。

普通の蓋と比べ落し蓋は、沸騰による煮汁の水分蒸発が多くなるため、具材の状態に合わせた火加減や、場合によっては汁を足すことが必要です。

水分の蒸発が多い時は、着せ蓋(落とし蓋をしたまま、お鍋に普通の蓋をすること)を使うことをおすすめします。

落し蓋の効果と役割

落し蓋を煮物を作る際に使う時は、次のような役割・効果があります。

1.味付け

煮物調理では具材に味がしみ込むと同時に、うまみが煮汁に溶け出してしまいます。このうまみの溶け出しを抑えるには、なるべく少ない煮汁で煮るのがポイントです。そこで、使用するのが落し蓋なのです。

一見煮汁が多い方が良い気がしますが、少量でも十分全体に染みわたる為、均一に味が馴染むのでぜひ活用してみて下さいね。

2.煮崩れ防止

また、落とし蓋は荷崩れ防止にも効果的です。上から具材を押さえて具材が煮汁の中で動くのを抑えて煮崩れを防いでくれるので、しっかりと味は染みていながらもきれいな形のまま食べることができます。かぼちゃやじゃがいもを煮る際などに活用してみるとよさそうですね。

3.水分の蒸発・表面の乾燥を防ぐ

落とし蓋がフタの役割をすることで、 鍋の中の水分が蒸発するのを防ぐとともに煮汁に浸かっていない具材が乾燥するのも防いでくれます。

また煮汁の急激な蒸発も抑えることができるので、ちょっと目を離したり、他の作業をしているうちに煮汁がなくなって焦げていた……なんて事態を避けられるかもしれませんね。

4.保温効果

鍋の中の空間が少なくなるので、熱が有効に使われます。毎回温めているとガスや電気代も気になりますし、温めることで食感や風味が変わってしまわないのかも少し気になりますよね。

落とし蓋は保温効果もありますので、多少の時間であれば温め直す必要なく食べることができますよ。

5.アク取りの効果

特集

SPECIAL CONTENTS