ライター : satto

グルメライター

おいしい食べ物とお酒が大好きな、東北出身のグルメライター。みなさんに、たくさんの素敵な情報をお届けします♪

もうかさめとは?

東北名産「もうかさめ」

もうかさめは、茨城県北部や福島県、宮城県などの海にいるサメの一種です。正式名は「ネズミザメ」。寒い海を好むため人が襲われたという記録はありませんが、大型でどう猛なサメの部類に入るため危険な種です。

マグロ漁で混載することが多く、気仙沼で大量に水揚げされるため、東北で多く出回っています。

もうかさめの味、特徴

サメは独特のアンモニア臭が気になるもの。新鮮なもうかさめは比較的アンモニア臭が少ないため、食用に適しています。切り身で流通しており、赤身に近い色合いで透明感のある見た目が特徴。クセもなく淡白な味わいです。適度に繊維質でしっとりしているため、歯応えがあり少し鶏肉の食感に似ています。

広島県備北地方で有名な「わに料理」はもうかさめが使用されており、海のない山間部では保存のきくサメは重宝されていました。今でも郷土料理として愛され続けています。

もうかさめの食べ方

もうかさめの下処理

もうかさめは一般的に切り身としてスーパーや魚屋に並びます。サメのなかでは珍しく臭みが少ないので、下処理はあまり必要ありません。新鮮なものなら、下処理なしで使ってもOKです。

臭みが気になる場合は水洗いをしたり、塩水にしばらく浸けたりすると臭みが緩和されます。調理する前に、しっかりと水気を切ってくださいね。

もうかさめの基本的な食べ方

もうかさめは、鮮度がよければ刺身にして食べられる食材です。心臓も新鮮であれば刺身で食べられ、東北地方では「もうかの星」という料理名で親しまれています。レバ刺しのような独特の味であるため、しょうがやにんにくで食べるのがおすすめ。

また、クセがなくさまざまな料理法に合うのが魅力です。白身は非常にあっさりとしていてやわらかいのが特徴で、フライに最適。煮てもあまり硬くならないので、煮付けにしてもおいしいですよ。ほかにも、もうかさめを使いさまざまな料理を作ってみてくださいね。

もうかさめのおすすめレシピ4選

1. もうかさめの煮付け

しょうがを効かせる甘辛い味付けが特徴の煮付けです。煮込む際は、落し蓋をしてじっくりと弱火で加熱するのがポイント。調味料がよく染み込み、もうかさめの旨味とマッチして絶妙なおいしさに仕上がります。ごはんにはもちろん、お酒にも合うひと品です。
この記事に関するキーワード

編集部のおすすめ