ライター : nyaimoi13

マレーシア在住。おいしいごはんとかわいい猫が大好物。食生活アドバイザーと小笠原流礼法花鬘の伝を取得し、おいしくたのしい毎日を心がけています。

【和風】きゅうりのおすすめ大量消費レシピ10選

1. さっぱり味。きゅうりとわかめの酢の物

Photo by macaroni

調理時間:10分
さっぱりとした味付けの酢の物は、和食の副菜にぴったり。きゅうりを薄切りにして塩もみすると、味が馴染みやすくなりますよ。調理時間わずか10分でできる優れものなので、あとひと品欲しいときにぜひ作ってみてくださいね。

2. ごま油が香る。きゅうりの漬け物

Photo by macaroni

調理時間:15分 ※漬け込む時間は含みません。
短時間で味が染みる漬け物は、忙しいときの救世主。きゅうりを綿棒で叩くことで、味が染み込みやすくなりますよ。ごま油の香りと生姜のアクセントで、ご飯がすすみます。常備菜として定期的に作っておくと良いですね。

3. お弁当にぴったり。きゅうりと生姜の漬け物

Photo by macaroni

調理時間:15分
きゅうりにサッと火を通すことで、味がしみしみの漬け物を作ることができますよ。ポリポリとした食感が楽しく、ついつい食べ過ぎてしまうかも。ご飯との相性が抜群なので、食卓の箸休めとしてはもちろん、お弁当に入れるのもおすすめですよ。

4. 蛇腹切りで味が染みる。きゅうりの浅漬け

Photo by macaroni

調理時間:20分 ※漬け込む時間は含みません。
きゅうりはネギカッターを使うと簡単に蛇腹に切ることができますよ。味がよく染み込むので、ぜひ試してみてくださいね。味付けは白だしを使い、お手軽に。輪切りの唐辛子を入れることでピリ辛になるので、お好みの量を使いましょう。

5. たっぷりのネギで!きゅうりの旨辛漬け

Photo by macaroni

調理時間:20分
長ネギたっぷりの旨辛ダレは、きゅうりと相性抜群。豆板醤やにんにく入りのタレはピリリと辛く、シャキシャキ食感と相まってやみつきのおいしさ。副菜としてはもちろん、ビールのお供としても大活躍してくれますよ。

6. しっかり味染み。きゅうりの山椒漬け

Photo by macaroni

調理時間:15分
きゅうりをピーラーで薄くスライスすることで、短時間で味が染み込みますよ。くるくると巻いて止めると、いつもと違う見た目でかわいらしいですよね。ピリリと辛い山椒の味付けで、お酒がすすむひと品です。
この記事に関するキーワード

特集

FEATURE CONTENTS