ライター : macaroni 料理家 かりくる

料理研究家 / 栄養士

小学校から高校まで陸上部に所属し、厳しい食事制限をしていた経験から、栄養学に興味を持つ。栄養士として福祉施設に5年間勤務し、栄養士業務や調理、マネジメント業務に携わった。 ma…もっとみる

栄養情報(1人あたり)

エネルギー
エネルギー
81kcal
たんぱく質
たんぱく質
1.9g
脂質
脂質
5.3g
炭水化物
炭水化物
7.4g
糖質
糖質
5.8g
糖質
食塩相当量
1.9g

材料

(2〜3人分)

下ごしらえ

長ねぎはみじん切りにします。

作り方

1

きゅうりはヘタを切り落とし、割り箸を両端にはさみ、両面に包丁で斜めに細かく切り目を入れて5cm幅に切ります。

2

水を張ったボウルに塩を加えて①を10分漬けて、キッチンペーパーで水気を拭き取ります。

3

ボウルに(a)の材料を加えて混ぜ合わせます。

4

ジッパー付き保存袋に②、③を入れてよく揉み込みます。冷蔵庫に入れて漬け込んだらお皿に盛り付けて完成です!

コツ・ポイント

  1. きゅうりはじゃばら切りにすることで、短時間で味が染み込みやすくなりますよ。
  2. 割り箸できゅうりをはさむと、じゃばらに切りやすくなるので試してみてくださいね。
  3. 包丁で切り込みを入れるのが苦手な方は、ネギカッターで切り込みを入れるのもおすすめですよ。
  4. きゅうりを水に漬けた後は水分をよく拭き取ってください。水分が残っていると調味液につけた際、味が薄まってしまいます。

よくある質問

・長ねぎの代わりに代用できるものはありますか?
長ねぎの代わりに、みじん切りにした玉ねぎでも代用していただけますよ。
・保存はできますか?保存期間はどのくらいですか?
保存する場合は清潔な保存容器に入れて冷蔵庫で保存します。保存期間は冷蔵2~3日を目安にお早めにお召し上がりください。また、期間の記載は目安となっており、環境によって保存期間に差が出る場合があります。匂いや味、色、食感が少しでもおかしいと感じたら食べるのをやめてくださいね。
・きゅうりを塩水につけるのはなぜですか?
きゅうりを塩水につけることにより、浸透圧の関係できゅうりの中の水分が外に出ます。きゅうりの中の水分が抜けることにより、きゅうりを調味液につけた時に味が染み込みやすくなりますよ。
▼きゅうりを使った簡単レシピはほかにも!

編集部のおすすめ