ライター : 佐々木 梓

管理栄養士

妊産婦食アドバイザー、インナービューティーダイエットアドバイザー。医療機関の管理栄養士として、乳幼児から高齢者まで幅広い対象者に向けた食事カウンセリングをおこなう。料理教室…もっとみる

作り置きでもダイエットができるって本当?

日持ちのする料理をまとめて作っておく、作り置き。すぐに食べられるおかずが常にある状態となるため、食事を減らすイメージのダイエットとはかけ離れているように見えるかもしれません。しかし実は、作り置きはダイエットにとても向いているんです!後ほどご紹介しますが、作り置きをダイエットに活用すると、さまざまなメリットが得られます。

一方で、どんなメニューでもダイエットできるわけではありません。食材や調理法を工夫して、カロリーを抑えたヘルシーなものを作り置きする必要があります

作り置きダイエットに活躍!おすすめのレシピ10選

1. たっぷりきのこのしょうが味噌

Photo by macaroni

食物繊維が豊富なきのこをたっぷり使うひと品。おかずになるだけでなく、肉や魚のソテーにソースとしてかけるのもおすすめです。

食物繊維は糖の吸収を穏やかにし、血糖値の急上昇を抑えることで太りにくくする働きがあります。また食物繊維は噛みごたえがあるため、満腹中枢が刺激され満足感が得られやすいのも特徴のひとつです。(※1)

2. ブロッコリーとうずらのピクルス

Photo by macaroni

油を使わないピクルスは、カロリーを抑えた副菜が欲しいときに活躍しますよ。むずかしい工程がないので気軽に作れます。ブロッコリーは食感を残すため、さっとゆでることがポイント。噛みごたえがあると満腹を覚えやすくなります。(※1)

3. 切り干し大根ナポリタン

Photo by macaroni

煮物のイメージが強い切り干し大根ですが、実は洋風にもアレンジ可能!こちらはナポリタン風に仕上げるレシピです。汁気が少なく、普段のおかずだけでなく、お弁当にもぴったり!ピーマンや玉ねぎも混ぜれば、野菜がたっぷりとれます。

切り干し大根は常温で保存が効くうえ、糖の吸収をおだやかにする食物繊維が豊富。ダイエット中のストック食材におすすめです。(※1)

4. ひじきと大豆の五目煮

Photo by macaroni

和食の副菜で代表的なひじき煮は、忙しい朝におすすめ。作り置きしておけば、あとは器に盛り付けるだけなので、バランスのいい和朝食作りが手軽になりますよ。しかもこちらは電子レンジでできるので、さらに簡単に作れるメニューです。

また、ひじきには水溶性食物繊維が豊富。食物繊維が消化吸収をゆるやかにする働きを持ち、血糖値の上昇を抑え、太りにくくする作用も期待できますよ。(※1)

5. 鶏ささみといんげんのピリ辛ごま和え

Photo by macaroni

脂質と糖質が少なく、高たんぱくなささみはダイエッターの味方。そんなささみを使う、電子レンジで加熱し和えるだけの、簡単レシピです。加熱するとパサつきやすいささみですが、あらかじめ酒をもみこんでおくことで、しっとり仕上がりますよ。
※新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、不要不急の外出は控えましょう。食料品等の買い物の際は、人との距離を十分に空け、感染予防を心がけてください。
※掲載情報は記事制作時点のもので、現在の情報と異なる場合があります。
この記事に関するキーワード

特集

FEATURE CONTENTS