水溶性と不溶性のバランスを意識

そもそも食物繊維は人の消化酵素では消化できない物質で、水に溶ける水溶性と水に溶けない不溶性の2種類があります。 このバランスが1:2(水溶性:不溶性)が理想とされていて、食物繊維がしっかりと摂れていてもこのバランスがくずれてしまっていると、かえって便秘になりやすくなるおそれがあるため注意しましょう。(※3,4)

便秘解消におすすめの副菜レシピ5選

1. ごぼうとひじきの万能炒め!

Photo by macaroni

ごぼうとひじきは食物繊維が豊富なトップクラスの食材です。ごま油の香りでご飯が進むひと品です。また、多めに作って作り置きしてをすることで、味がさらにしみ込むうえに忙しい日はおかずを作らなくても良いのでおすすめです。

2.大葉香る切り干し大根

Photo by macaroni

切り干し大根をポン酢、大葉、梅で和えただけで火を使わずに作ることができます。さわやかな味付けと油揚げの香ばしさもプラスされ、お箸が止まらなくなります。ごはんにもよく合いますよ。

3.ブロッコリーの芯でメンマ風

Photo by macaroni

ブロッコリーの芯は私たちが主に食べるつぼみの部分よりも、実は栄養価が高いのが特徴です。普段は捨ててしまう芯の部分を使ってメンマ風のおかずができます。ぜひ、おいしく有効活用してみましょう!

4.レンジで作る定番おかず。しっとり卯の花

Photo by macaroni

和食のおかずの定番の卯の花をレンジを使って手軽に作ることができます。おからは大豆製品でもトップクラスの食物繊維を含んでいます。これなら簡単に卯の花を作ることができますね!

5.万能だれで常備したい♪かける旨辛きのこラー油

Photo by macaroni

3種類のきのこをたっぷりと使ったかけるラー油です。きのこの旨味と、ピリ辛な味わいが食欲をそそるひと品で、冷蔵庫に常備しておけばいつでも手軽にとることができます。ごはんはもちろん、豆腐にのせたりとアレンジ自在ですよ♪
※新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、不要不急の外出は控えましょう。食料品等の買い物の際は、人との距離を十分に空け、感染予防を心がけてください。
※掲載情報は記事制作時点のもので、現在の情報と異なる場合があります。
この記事に関するキーワード

編集部のおすすめ