ローディング中

Loading...

便秘解消や美肌効果などさまざまな健康・美容効果が期待されるローズヒップティー。カフェインが心配な妊婦さんも安心して飲むことができるんですよ。そんなローズヒップティーの良さを100%活かす効果的な飲み方や、効能などを紹介します。

女性の味方、ローズヒップティー

鮮やかな赤い色で、ほんのり酸味のある味が特徴の「ローズヒップティー」。そのままだと酸味が苦手な人には飲みにくいかもしれませんが、ハチミツや砂糖を少し加えると、とてもおいしく飲みやすくなります。カフェなどのドリンクメニューにもあったりしますよね。

実はこのローズヒップティー、には、女性が健康に、そしてキレイになるための成分がい〜っぱい入っているのです!もうこれは、とらなきゃ損!なスーパーティーと言えます。今回は、ローズヒップティーの成分や効果をご紹介します。

そもそもローズヒップティーとは?

ローズヒップティーは、バラが咲いた後の実を意味するローズヒップ(rose hip)から作られます。原産国は南米チリですが、国内でも広く栽培されています。

ローズヒップは"天然のサプリメント"とも呼ばれ、健康や美容に良い成分がたくさん入っているのです。例えば

・ビタミンCはレモンの20倍以上
・カルシウムは牛乳の約9倍
・鉄分はほうれん草の約2倍
・ビタミンEはかぼちゃの約6倍
・ビタミンPは赤ピーマンの約18倍

そのほかにも、リコピンや、アンチエイジングに効果が期待できるローズヒップオイルもあります。

女性に嬉しい美容効果・効能

美肌効果

ローズヒップティーは「ビタミンCの爆弾」とも呼ばれるほど、ビタミンCを多く含んでいます。ご存知のようにビタミンCは、紫外線にさらされた肌の修復や美白に欠かせない栄養素。そのため、次のような美肌効果が期待できます。

・シミ・そばかすの予防・改善
・くすみの改善
・しわの予防

ビタミンCは、体の中に蓄積するものではないので、一度にたくさん飲むよりも、日頃から少しずつ飲むことを習慣にするといいですよ。

また、ローズヒップティーにはリコピンという抗酸化作用をもつ物質が含まれており、体内の過剰に増えた活性酸素を除去する働きをしてくれます。活性酸素は時として肌の老化を引き起こす場合もあるので、リコピンは女性にはうれしい働きをすると言えます。

便秘解消

ローズヒップティーには水溶性の食物繊維が溶け込んでいます。食物繊維が腸内環境を整えたり、便に水分を含ませ排出しやすくします。また豊富なビタミンCは便を柔らかくする働きがあり、両方を含むローズヒップティーは便秘解消に役立ちます。他にもビタミンCの高い抗酸化作用がよい影響を与えるとも言われています。

ダイエット効果

ローズヒップティーには、「ティリロサイド」というポリフェノールがあります。このティリロサイドには以下のような作用があります。

①内臓脂肪を減らす
②脂肪燃焼の効率をあげる

①と②には関連性があり、脂肪燃焼しやすい状態で運動すると、普段より効率的に内臓脂肪を減らすことができるのです。また皮下脂肪も減らすことができるとされる説もあります。
ということは、「ローズヒップティー×運動」という組み合わせはとても効率がよいということです。ぜひ日頃のエクササイズに活用してみてください!

免疫力向上

ローズヒップティーに豊富に含まれるビタミンCは、皮膚や粘膜を正常な状態に保ち、体を風邪などのウイルスから守ってくれます。免疫力をアップさせる働きがあるので、普段はもちろん、風邪を引いた時にも、ホットのローズヒップティーで体を温めながらビタミンCを効率良く摂れるのでおすすめです。

ストレス耐性の向上

これまでもお話ししましたが、ローズヒップティーには、豊富なビタミンCが含まれています。このビタミンCは美肌や免疫力向上だけではなく、ストレスに対する抵抗力も上げてくれます。レモンの20倍以上のビタミンCを含むローズヒップティーは「ちょっと疲れたな…」と感じるあなたの心と体をサポートしてくれます

そしてローズヒップティー内のカルシウムは、骨や歯を丈夫にするだけではなく、肩こりを和らげたり、筋肉をスムーズに動かすのに役立ちます。加えてカルシウムは「天然の精神安定剤」とも言われていて、興奮やイライラのコントロールに欠かせません。カリカリして、体に力が入っている人は温かいローズヒップティーで息抜きしてみてはいかがですか。

ローズヒップの効果的な飲み方

ローズヒップティーはコーヒーや紅茶と違ってノンカフェインの飲み物です。飲む時間帯を選ばずいつでも好きな時に、またホットでも、アイスでも気分に合わせてどちらでもおいしくいただけますよ♩

そしてとても大事なのは、カップの底に沈んだローズヒップの実も残さず食べることです。
実は、これまで話してきたローズヒップの素晴らしい効能は、飲むだけでは十分に得られないものなのです。例えば

・ビタミンCは半分以上
・カルシウムは90%近く
・鉄分は70%近く
ビタミンEやリコピン、カロテンはほぼ100%

が実の方に残っているのです。ですから、ローズヒップティーを飲んできれいを目指すのなら、ぜひ実も一緒に食べてください。

この記事を見た人はこんな記事も見ています

こんな記事も見られてます

ニトリのお茶碗が最強説!新作「飯碗」なら食欲の秋でも食べすぎないワケ♩

新米の季節!甘くておいしいお米があるとついつい食べ過ぎてしまいますね…!そこでぜひ手に入れてほしいのが、ダイエットに便利だというニトリの飯碗。目安に合わせてごはんをよそえば、きっちりとごはんの量を制限できると…

ネクストオイルブームはこれ!グラスフェッドバターの正体や使い方、入手方法をご紹介

バター

ココナッツオイルやアマニオイルなどここ数年空前のオイルブーム。そんななか、グラスフェッドバターをご存じですか。あまり聞きなれないこのバター、実は「バターコーヒーダイエット」でも注目されています。今回はそんな謎…

ドミノピザから「ケールビューティー」新発売!美容・健康を考えたケール使用♩

美容・健康を応援する「ケールビューティー」がドミノ・ピザから新発売!食べる美容液と言われる栄養満点のケールをふんだんに使用したヘルシーピザです。関東地区の店舗で、2017年9月2日(土)から期間限定発売!

原宿「お茶のいろはby namacha」オープン!プロ直伝のお茶メソッドをマスター♩

お茶 原宿

2017年7月21日(金)原宿に「お茶のいろはby namacha」がオープン!おいしいお茶の淹れ方や、お茶の製造過程など、お茶について丸ごと勉強できるミュージアムなんです!女優の波瑠さんが登場したオープンイ…

シーンに合わせて楽しむ♩茶屋すずわから「ときのお茶」シリーズ新発売

お茶 ドリンク 静岡

茶屋すずわに、暮らしのシーンに合わせて選んで楽しめる「ときのお茶」シリーズが登場!目覚めの朝、お気に入りのおやつを用意した特別な時間、疲れた身体を労いたい夜など、一日のライフシーンに合わせて楽しむことができる…

関連するまとめ記事

こんなまとめ記事もあります

【節約】つい無駄にしてしまう薬味野菜の保存方法まとめ

まとめ

いつも少量しか使わない薬味は使いかけのままつい残しがち。しかしやっぱり料理には薬味がほしいもの。計画的に保存して節約しましょう! ねぎ・生姜・にんにく・大葉・みょうがの保存方法をまとめました。これであなたも薬…

【マナー】カジュアルだけど意外と難しい!?イタリア料理の食べ方まとめ

イタリアン カフェ まとめ

軽食として、カフェのメニューとして、親しまれているカジュアルなイメージのピザ、パスタ。しかし食べてみると意外と難しい。なんとなくソースが散ってたり…。イタリア料理を美しく食べましょう!デートや友達と気軽に食事…

日本酒選びに失敗しない!日本酒のラベルを見る3つのポイント

日本酒 居酒屋 まとめ

ひとくちに日本酒といってもフルーティーなもの、辛口でスッキリしたものなど、たくさんの種類があります。でも、実際に飲んでみないと味の判断ってできませんよね?今回は「自分好みの日本酒に出会うためのラベルを見る3つ…

花見やハイキングの強い味方!使い捨てだけどかわいい食器『3』選

おしゃれ まとめ

花見やハイキングにお弁当や料理を持ちよるときは、使い捨ての食器があると助かります。とはいえ味気ない食器を使うとせっかくの行楽気分も少し残念な気分に。そこで、是非持っていきたい、使い捨てだけどデザインがかわいい…

おすすめの記事

こんな記事も人気です♪

浅草っ子が愛する「アンヂェラス」でオーダーしたい必食メニュー!

浅草 スイーツ カフェ 東京 ケーキ

浅草駅からすぐの場所にある「アンヂェラス(Angelus)」。レトロな雰囲気が漂う店内では、昔ながらのスイーツやコーヒーがいただけます。今回は、浅草っ子はもちろん多くの人を虜にしてやまない「アンヂェラス」につ…

関西人「かまぼこ?」。関東外では謎の菓子「すあま」とは

和菓子 レシピ スイーツ お菓子

「すあま」って知っていますか?すあまは、かまぼこのような見た目のローカル和菓子。関西圏に住んでいる方にとってはあまりなじみのない商品です。今回は、そんな謎の和菓子「すあま」についてご紹介。自宅で簡単に作れるレ…

北欧の定番料理をお家で。スウェーデン風ミートボールのレシピとアレンジ

スウェーデン ミートボール

スウェーデン料理といえばミートボールを想像する方も多いはず。クリーミーなソースでじっくり煮込んだミートボールは毎日の食卓やクリスマスのディナーにも欠かせない定番料理です。今回は、スウェーデン風ミートボールの基…

ページTOPに戻る