ローズヒップティーの効果効能を調査!おいしい飲み方も見逃せない◎

女性に嬉しい効果が期待できる「ローズヒップティー」。今回は、その効果効能や注意点、おいしくいただくための飲み方までご紹介します。この記事を読み終えたころには、ティータイムのお供にローズヒップティーを選びたくなるはず♪

2019年6月5日 更新

ローズヒップティーとは

鮮やかな赤い色で、酸味が特徴の「ローズヒップティー」。バラが咲いたあとの実を意味する、ローズヒップ(rose hip)から作られます。原産国は南米チリですが、国内でも広く栽培されているんですよ。

ローズヒップティーの効果効能

美肌効果

肌は表皮、真皮、皮下組織の3層構造になっているのですが、コラーゲンは真皮の中で網目状に存在しており、表皮を支えています。コラーゲンが不足すると支えが不十分となり、しわやたるみの原因に。

ローズヒップは、「ビタミンCの爆弾」との呼び名があるほどビタミンCを多く含んでおり、コラーゲンの生成に関わっています。(※1)ビタミンCによってコラーゲンを効率的に生成することで、内側から肌を支えて美肌につながるのです。

また東洋医学では、ローズヒップの花(ハマナス)を「マイカイカ」といい血の巡りを高めることで血流を良くし、美肌効果や冷え対策にも良いとされています。

便秘対策

ローズヒップには「ペクチン」という成分が含まれているのですが、これは水溶性食物繊維の一種。食物繊維は腸内に入ると善玉菌のえさとなり、善玉菌を増やして腸内環境を整える作用があります。(※2)その結果、便秘対策につながります。

また水溶性食物繊維は、水分を吸収してゲル状になり、コレステロールや余計な塩分(ナトリウム)を吸着して排出をサポートしてくれます。(※2)
1 / 4

特集

FEATURE CONTENTS

WRITER

cestalavie

カテゴリー

CATEGORY

ランキング

RANKING

毎日更新!SNSで逃さずチェックしよう