まさに飲む点滴 !栄養満点「玄米甘酒」の効能と作り方

米麹と玄米で作る「玄米甘酒」の効果と作り方、おすすめレシピをご紹介します。酒粕を使わないため、ノンアルコールで質の高い発酵食品「玄米甘酒」は美肌や整腸作用など、女性に嬉しい効果が期待できるんですよ。常備して日々の食事に取り入れてみませんか?

ダイエットや美肌に役立つ「玄米甘酒」とは

飲む点滴と呼ばれる甘酒は、その名の通り栄養価が詰まったドリンクです。腸内環境を整えたり、ダイエットや美肌に役立ったり、すぐれた効能が期待されています。

甘酒と玄米甘酒の違い

甘酒の原料は酒粕や米麹で、そこに砂糖を加えて作られます。酒粕を使った甘酒のほうが基本的に飲む機会が多く、こちらは日本酒を作るときに出るもろみの絞りかすが原料となっているため、お酒になります。

甘酒にすれば、コップ1杯飲むぶんには酔うことはありませんが、原料にアルコールが含まれている以上、極端にお酒に弱い人や子どもが飲む場合には、十分注意して調理する必要があります。

それに対して玄米甘酒は、お酒ではありません。玄米と米麹のみで作られているので、アルコールは含まれておらず、お酒に弱い人も子どもでも安心して飲めます。家族みんなの健康維持にも活用できることが特徴です。

玄米甘酒の栄養効果

麹が発酵する過程で作られる栄養成分は、ビタミンB1やB2、B6、パントテン酸、イノシトール、ビオチンなど各種ビタミン。また、タンパク質分解酵素の働きによりアミノ酸が作り出され、食事から摂る必要のある9種類の必須アミノ酸をすべて含んでいます。

美肌作用

玄米甘酒の原料である麹には、コウジ酸という成分が含まれています。この成分はシミやくすみの原因となる「メラニン」を作り出すメラノサイトに作用して、メラニンの生成をおさえる効果が期待できます。コウジ酸は美白成分として化粧品にも配合されているんですよ。

胃腸の働きをサポート

たんぱく質や脂質の代謝を促すビタミンB群が豊富なため、エネルギーの産生に役立ちます。効率よく栄養素を分解し、消化・吸収をサポートしてくれます。

整腸作用

玄米甘酒に含まれるオリゴ糖は、腸内で善玉菌のエサになり、腸内環境を整えてくれます。腸内の健康は、アレルギーや肥満などさまざまな症状と関連しており、健康と美容維持の大切な土台作りに必要です。

炊飯器で簡単!玄米甘酒の作り方

炊飯器のおかゆモードで玄米を炊き、冷水2カップと米麹を加えます。炊飯器の蓋を開けたまま、まきすなどをのせて一晩おきます。さらに炊飯モードで20分加熱し、塩を入れて混ぜ合わせたら完成です。

玄米甘酒のおすすめレシピ

玄米甘酒は植物由来の天然の甘みを持っており、パンやスイーツの材料にも活躍します。最後に、玄米甘酒を使ったおすすめレシピをご紹介します。

黒ゴマ香る、玄米甘酒食パン

食パンの材料である強力粉、バター、砂糖、水、ドライイーストなどに玄米甘酒をプラス。ホームベーカリーに全てお任せのレシピです。黒ゴマの香ばしさがふわりと香り、朝食タイムを豊かにしてくれそう。

特集

SPECIAL CONTENTS