ライター : mau_naka

調理師 / 漢方コーディネーター / 発酵食品マイスター

フードスペシャリスト・ふぐ取扱登録者・薬膳調整師・発酵食健康アドバイザー。男の子ふたりを育てながらも大好きな料理に関する追及は止みません。なかなか好きなものを食べに出かけら…もっとみる

ゼラチンの使い方をチェック!

Photo by macaroni

ゼラチンとは、動物の体を作る繊維状のたんぱく質であり、コラーゲンです。温めると溶け、冷やすと固まる性質があります。ゼリーやムースなどに使われる凝固剤の一種です。

食用に市販されているものには、板状に固めてある「板ゼラチン」のほか、「粉ゼラチン」「顆粒ゼラチン」があります。「粉ゼラチン」「顆粒ゼラチン」は分量を細かく調整しやすいのが特徴です。板、粉、顆粒で素材としての違いはないため、使いやすいゼラチンを選びましょう。

基本の使い方

ゼラチンは、種類によって使い方が違います。「板ゼラチン」は、たっぷりの冷たい水に10分ほど浸して水を切り、やわらかく戻してから使ってください。

「粉ゼラチン」は、ゼラチンの4〜5倍量ほどの冷たい水に入れて吸水させ、ふやかしてから使います。ダマにならないようにすぐに混ぜ合わせるのがポイント。ゼラチンに水をかけるように入れると、ダマになってしまうので注意してください。かならず、水にゼラチンを振り入れます。ふやかした水ごと使用するのも特徴です。

「顆粒ゼラチン」は、ふやかす作業が必要ありません。すぐに調理できるため、手軽に使いたい方にぴったりです。

ゼラチンの使い方のコツ

  1. 板ゼラチン:冷水に浸して戻し、水気を切ってから使う
  2. 粉ゼラチン:水に粉ゼラチンを振り入れてふやしてから、ふやかした水ごと使う
  3. 顆粒ゼラチン:ふやかす手間いらずで、すぐに使える

ゼラチンの洋風スイーツレシピ9選

1. 材料たったふたつ。簡単りんごジュースゼリー

Photo by macaroni

調理時間:15分(※冷やし固める時間は含みません)
材料(2人分)
・りんごジュース……500cc
・粉ゼラチン……10g

出典: macaro-ni.jp

見た目が楽しいりんごゼリーのレシピ。粉ゼラチンとりんごジュースがあればよいため、とても手軽です。白い部分も、りんごジュースを泡立てて作りますよ。カジュアルなおもてなしやパーティーの席におすすめ。盛り上がりますよ。

2. 華やか。オレンジジュースの2色ゼリー

Photo by macaroni

調理時間:30分(※冷やし固める時間は含みません)
材料(200ccゼリーカップ5個分)
・オレンジジュース(果汁100%)……500cc
・グラニュー糖……120g
・板ゼラチン……15g
・牛乳……200cc
・中沢 フレッシュクリーム36%……100cc
・卵……1個
・コアントロー……大さじ2杯

出典: macaro-ni.jp

香りのよいオレンジゼリーを、2層で作りましょう。手が込んでいそうですが、とても簡単。ゼリー液を器に注いで冷やしているうちに、自然と分離して2層になりますよ。さっぱりとしながらもコクのある味わいで、食後のデザートにぴったりです。

3. やさしい味わい。牛乳プリン

Photo by macaroni

調理時間:10分(※粗熱をとる時間と冷やし固める時間は含みません)
材料(3人分)
・牛乳……500cc
・砂糖……大さじ6杯
・顆粒ゼラチン……7g
・黄桃缶……1と1/2缶

出典: macaro-ni.jp

牛乳たっぷりで作る、やさしい味わいの牛乳プリンです。砂糖を溶かしてゼラチンで固めるだけと、シンプルで覚えやすいレシピ。思い立ったらすぐ作れますよ。トッピングのフルーツを変えるだけでも、アレンジが楽しめます。生クリームをのせるのも一押しです。

4. 3つの層で作る。なめらかミルクコーヒーゼリー

Photo by macaroni

調理時間:15分(※冷やし固める時間は含みません)
材料(2人分)
〈1層目(コーヒーゼリー)〉
・水……150cc
・砂糖……10g
・インスタントコーヒー……2g
・粉ゼラチン……3g
・水……大さじ1杯

〈2層目(カフェオレゼリー)〉
・牛乳……150cc
・砂糖……10g
・インスタントコーヒー……2g
・粉ゼラチン……3g
・水……大さじ1杯

〈3層目(チーズクリーム)〉
・クリームチーズ……100g
・粉砂糖……大さじ1杯
・生クリーム……大さじ1杯

〈トッピング〉
・ミントの葉……適量
・コーヒー(粉)……適量

出典: macaro-ni.jp

コーヒーゼリーを3層で作る、おしゃれなひと皿。コーヒー・ミルクコーヒー・チーズクリームの3つの味わいを楽しめます。ぷるんとなめらか、層ごとに食感も違うので、食べるのが楽しいですよ。少し甘めに仕上げるのが、おいしさのポイントです。
この記事に関するキーワード

編集部のおすすめ