ライター : きく

ここ数年、海外を転々、旅暮らし中のフリーライター。 30代女性向けメディアを中心に活動中。

鮭だけで作れる!簡単レシピ6選

1. 調味料ふたつだけ。鮭のみりん漬け焼き

Photo by macaroni

焼き鮭に匹敵するほどのシンプルさが魅力の、みりん焼きのレシピ。食材は鮭ひとつ、調味料は醤油とみりんのふたつだけを使用。漬けて焼くだけなので、どんな人も簡単に作ることができます。作り置きしておけば、朝ごはんやお弁当おかずにもさっと使えて便利ですよ。

2. これだけでごはんがおいしくなる。鮭の旨照り煮

Photo by macaroni

シンプルな焼き鮭に飽きたら、醤油や酒、みりんを使って照り煮にしてみませんか?調味料さえ計量できれば、あとはそれで鮭を焼くだけ。焼き鮭にはないみりんのコクが、ご馳走感を演出してくれます。白いごはんと一緒に食べるのはもちろん、日本酒やビールのお供にも最高ですよ。

3. いろいろ使えて便利。手作り鮭フレーク

Photo by macaroni

ごはんやパスタ、パンなどにかけていただく鮭フレーク。作り置きしておくと、朝ごはんやお弁当作りに便利です。ごはんに混ぜ込み、混ぜ込みごはんやおにぎりにすることも可能。醤油ベースの味付けですが、マヨネーズと和えていただいてもおいしく、幅広い使い方ができますよ。

4. 冷凍できる。鮭の西京焼き

Photo by macaroni

鮭に下味をつけそのまま冷凍し、半解凍で調理できるのがポイント。鮭を買った日にまとめて漬けておけば、食べたいときに焼くだけでおいしいメインを作ることができます。普通の味噌でもおいしく作れますが、あれば西京味噌を使うとよりコクがあるひと品に仕上がりますよ。

5. ピリッとおいしい。鮭の辛味噌漬け

Photo by macaroni

韓国の味噌「コチュジャン」を使用する鮭のピリ辛味噌漬けは、白いごはんと一緒にかき込みたくなるようなおいしさ。冷凍しておけば、食べたいときにさっと作って食べられますよ。この作り方なら、夜ごはんだけではなく朝ごはんにも便利ですね。

6. トースターで簡単に。鮭のごまだれ焼き

Photo by macaroni

特製ごまだれに鮭を半日漬け込み、味がしみしみになったところを焼いていただき!トースターで焼くと、フライパンで焼くよりも簡単で、カリッとした食感になりますよ。副菜は、甘酢の酸味がおいしい厚揚げの南蛮漬けはいかがですか?どちらも漬け込んで作るので、調理が簡単です。
この記事に関するキーワード

編集部のおすすめ