現地で大人気のアメリカ料理12選!家庭の味からスイーツまで

アメリカ料理といわれて思い浮かぶのは、カロリーたっぷりなジャンクフードではありませんか?しかし、アメリカの料理はそれ以外にもバリエーションがさまざま!ハンバーガーやステーキだけでなく、地元民に愛されるアメリカの伝統的な食事を解説します♪

2018年11月6日 更新

アメリカ料理は濃厚でボリュームたっぷり!

“アメリカ料理”と聞くと、ハイカロリーでガッツリとしたジャンクな食事を思い浮かべる方が多いのではないでしょうか。確かに、ダイナミックな料理がたくさんあるアメリカでは、味つけも濃くボリュームも満点なものが多いです。

たとえば、同じマクドナルドの商品でも、日本とアメリカですと1.5倍ほども大きさが違うそうです!スイーツも、日本と比べるととても甘いのが特徴です。

アメリカ料理の特徴とは

アメリカ料理を語るうえで欠かせない前提として、「多民族が集まっているため食文化の幅が広く、地域によって味つけや調理法が大きく違う」という特徴があります。

アメリカで最も古い地域と言われる、北米のニューイングランド地方の料理がアメリカ料理として挙げられることが多く、当時入植していたイギリスのエッセンスが色濃く反映された料理になっているようです。

また、クラムチャウダーやトルティーヤなど、アメリカ先住民の伝統料理が受け継がれている地域もたくさんあります。とにかく広大なアメリカの土地ですから、料理の種類も多種多用!さまざまな国の料理が混ざりあい、独自の発展をとげてできたものが現在のアメリカ料理なのです。

アメリカの定番料理といえば肉とパン!

アメリカは、一般的に魚介類より肉類や主食系の料理を多く食べる傾向があります。とある雑誌の統計で、アメリカ人の好きな食材ランキングの第1位がステーキ、第2位はチキン、第3位はピザだと発表されているほど!

一方で、海に面した地域ではロブスターなど新鮮な海の幸を食べることができますが、日本のように生で魚介類を食べるという文化は、牡蠣などを除いてほぼありません。

ジューシーで噛みごたえ抜群!肉料理

豪快でダイナミックな肉料理は、アメリカ料理の醍醐味!普段からレストランや屋台で気軽に食べられるだけでなく、行事やイベントの時にはインパクトのある大皿の肉料理を出すのが定番です。
1 / 7

特集

FEATURE CONTENTS

WRITER

エマ

カテゴリー

CATEGORY

ランキング

RANKING

毎日更新!SNSで逃さずチェックしよう