自由に楽しむ♪「コーンブレッド」の基本レシピとおいしい食べ方

アメリカの家庭の味「コーンブレッド」。日本ではまだ一般的ではありませんが、コーンブレッドの魅力は知れば知るほどハマってしまうほど!今回は、コーンブレッド初心者の方にもおすすめな基本の作り方をご紹介します。意外と身近な材料で簡単にできますよ!

2018年10月31日 更新

自宅で簡単にコーンブレッド

コーンブレッドの写真

Photo by uli04_29

アメリカの家庭の味、コーンブレッドをご存知でしょうか?

種類豊富なコーンブレッドは、知れば知るほど、その魅力にどっぷりハマっていってしまうほど奥深いパンです。アメリカでも南部や北部など、アメリカ国内でも地方によってコーンブレッドのレシピは違います。ベーシックなコーンブレッドから地域で愛されるものや、各家庭の味としてアレンジされやすいのも、コーンブレッドの魅力。

今回は、コーンブレッド初心者の方に、最初に食べてほしい素朴な基本のコーンブレッドの作り方をご紹介します!難しい作業は一切ないので、ぜひ作ってみてください。

コーンブレッドって?

切り分けたコーンブレッド

Photo by uli04_29

コーンブレッドは、アメリカで愛される、発酵なしですぐに焼けるクイックブレッドのこと。その名前の通り、トウモロコシの粉を使った生地をオーブンで焼き上げるパンで、アメリカの家庭では食事系からスイーツ系としても食べられています。

ホロッとした食感に、トウモロコシの素朴な味わいのコーンブレッド。ひと口目より、ふた口目のほうがよりおいしく感じてしまうような、食べるほどにおいしさが体に染み渡る味わい深いパンです。

コーンブレッドの特徴は、その自由さ!アメリカ原住民がトウモロコシを栽培していたのが、今のコーンブレッドの始まりだとも言われていて、コーンブレッドにはトウモロコシの粉を入れる以外に細かなレシピの決まりはありません。レシピ、アレンジ、食べ方も自由なパンがコーンブレッドです。

コーンブレッドの基本レシピ

バターを乗せたコーンブレッドの写真

Photo by uli04_29

数あるコーンブレッドの中から、今回ご紹介するのはコーンミールと小麦粉を使ったアメリカ北部でポピュラーなコーンブレッド。甘くなりすぎない程度に砂糖を入れ、牛乳とオイルでふっくらしっとり焼き上げます。

コーンミールを使いますが、粒の粗いコーングリッツや小麦粉のようにきめ細かいコーンフラワーを使ってもOK。強力粉を使うことで、ケーキよりどっしりした食べごたえを出しました。ふわふわ軽い食感がお好みの方は、薄力粉で作ってみてください。

何もつけずにそのままの素朴な味を堪能したら、バターやはちみつ、ジャムと一緒に楽しみましょう。

材料(スクエア型1個分)

コーンブレッドの材料

Photo by uli04_29

・コーンミール    80g  
・強力粉       60g
・ベーキングパウダー 小さじ1
・塩         ひとつまみ
・砂糖        大さじ2
・オイルorバター   35g
・卵         1個
・牛乳        150ml
1 / 5

特集

FEATURE CONTENTS

WRITER

uli04_29

カテゴリー

CATEGORY

ランキング

RANKING

毎日更新!SNSで逃さずチェックしよう