すぐに食べない場合は冷凍保存

Photo by uli04_29

コーンブレッドは冷めると、小麦粉だけで作ったパンよりも堅くなってしまいます。コーンブレッドが焼き上がったら、オーブンから取り出してすぐ食べるのが、おいしいコーンブレッドの食べ方。もし、すぐに食べない場合は冷凍保存も可能です。 粗熱がとれたら、ひと切れずつラップに丁寧に包んで、密閉袋に入れて冷凍保存しましょう。1週間以内に食べるのがおすすめです。食べるときは、レンジで柔らかくなるまで加熱するか、トースターで温めなおすと、できたてのような香ばしいコーンブレッドを味わえますよ。

コーンブレッドが余ったら

コーンブレッドは冷めると堅くなります。アメリカでは、堅くなったコーンブレッドを削ってドレッシングに混ぜたり、牛乳やバターミルクをかけて食べたりすることもあるのだそう。 コーンブレッドが堅くなったら砕いてサラダやヨーグルト、アイスクリームのトッピングにしてもOK。ぜひ、自由にコーンブレッドを楽しんでみてください。

コーンブレッドのおいしい食べ方5選

1. ジャム

まずは、いつも食べている食パンやバゲットと同じように、コーンブレッドにジャムをのせて食べてみましょう。コーンブレッド特有のほろっとした生地がしっとりして、食べやすくなりますよ。 ジャムと一緒にクリームチーズやマスカルポーネなど柔らかいチーズをのせるのもおすすめです。イチゴやオレンジ、ブルーベリーなどさまざまなジャムをのせて楽しんでみてください。

2. はちみつ

甘さを控えめに焼き上げたコーンブレッドには、甘いはちみつをかけてください。コーンブレッドがほかほかのうちにバターとはちみつをたっぷりのせるのが、おいしく食べるポイントです。 メープルシロップやチョコレート、黒蜜をかけてみてもいいですね。じんわり溶けたバターと甘いシロップがコーンブレッドにしっかり染み込んで、頬が緩むほどの優しいおいしさになりますよ!

3. チリコンカンに添えて

豆料理や肉料理の付け合わせにコーンブレッド、というのはとてもポピュラーなのだそう。特に、スパイスが効いたチリコンカンと合わせて食べると、コーンブレッドの自然な甘みが引き立ちます。 チリコンカンのほかに、ステーキなどの肉料理と一緒に食べる場合は、肉汁をコーンブレッドにつけたり、グレイビーソースをたっぷりディップして食べてくださいね。

4. エッグベネディクト

コーンブレッドにベーコン、ポーチドエッグをのせてオランデーズソースをかけたエッグベネディクトなら、朝食やブランチにぴったりのひと品になります。 マヨネーズをベースに、卵黄とバター、レモン汁を加えた濃厚なオランデーズソースの程よい酸味がコーンブレッドの素朴な甘みと最高に合いますよ。ソースなしで、ベーコンと目玉焼きをそえただけの食べ方もアメリカでは人気です。
この記事に関するキーワード

特集

FEATURE CONTENTS