ライター : 4575

子育てフードライター

小学生の子どもを持つママ、4575です。家事や仕事に忙しくてもおいしいごはんを作りたい!とレシピを日々研究中。作り置きや時短料理など、毎日のお料理を楽しく作るレシピをたくさん紹…もっとみる

【焼き物】里芋を使う人気レシピ8選

1. こんがり!しいたけのねぎ味噌里芋焼き

Photo by macaroni

レンジとトースターで作る、しいたけと里芋のねぎ味噌焼き。里芋をレンジ加熱してからスキレットに入れて焼くので、短時間で火が通ります。甘辛いねぎ味噌と、やわらかな里芋の相性は格別。チーズのコクもプラスされ、ごはんにもお酒にもぴったりですよ。

2. ほっくり。蒸し里芋のガーリック醤油焼き

里芋は、ゆでずに蒸すと粘り気が増して旨みが濃くなります。鍋で蒸す際は、クッキングシートの上に里芋を並べるとくっつかずきれいに取り出せますよ。味付けは、にんにく×醤油でパンチを効かせましょう。仕上げにバターを加えてガリバタ風味にするのもおすすめです。

3. つややか。丸ごと里芋の肉巻き

Photo by macaroni

ころんと丸い里芋を豚バラで巻くひと品です。里芋を下ゆでしてから焼くため、豚バラに火が通ればOK。レシピでは砂糖や醤油で味付けしていますが、焼き肉のタレやポン酢でアレンジしても良いですよ。冷めてもおいしいので、お弁当のおかずにもおすすめ♪

4. まるでお餅!チーズ里芋もち

Photo by macaroni

じゃがいもで作る「いももち」を里芋でアレンジするレシピです。粘り気のある里芋を使うことで、じゃがいもで作るよりももっちり感がアップ。まるでお餅のような食感を楽しめますよ。とろりと溶けだすチーズとハムの塩気も良いバランスで、あとをひくおいしさです。

5. おつまみにも朝食にも。野沢菜と里芋のおやき

Photo by macaroni

マッシュ里芋に桜えびと野沢菜を混ぜるおやきは、おつまみにも朝食にもぴったりです。シャキシャキの野沢菜とやわらかい里芋の食感がやみつきになりますよ。桜えびは乾煎りしてから加えるのがポイント。香ばしさがアップするので、ぜひ試してくださいね。

6. ワインのお供に。里芋のガレット

里芋の風味を堪能するなら、ガレットがおすすめ。里芋を切ったら水にさらさず、調味料と混ぜるのがポイントです。里芋同士がくっつきやすくなり、きれいに仕上がりますよ。崩れやすいので、まわりが固まるまで触らずに弱火でじっくり焼きましょう。きりっと冷えた白ワインと一緒に召しあがれ♪
この記事に関するキーワード

編集部のおすすめ