13. 時短!里芋とウィンナーのマヨ醤油炒め

里芋は淡泊になりがちなので、油の代わりにマヨネーズを使う炒め物がおすすめ。コクと風味がプラスされますよ。マヨネーズとウインナーに塩気があるため、醤油は控えめに。下ゆで済みの里芋があれば、あっという間に作れる時短おかずです。

14. アレンジ自在。里芋の味噌炒め

豆板醤入りの肉味噌で味付けする里芋は、日本酒のお供に喜ばれるひと品です。豚ひき肉を合いびき肉に代えたり、豆板醤を生姜に代えたりとアレンジしやすいですよ。しめじやしいたけをプラスしてメインおかずにしてもおいしいです。

15. こっくり♪ 里芋のコチュジャン炒め

ねぎやしめじ、厚揚げで作る具だくさんの炒め物です。味付けは味噌とコチュジャンで甘辛に。こっくりとした味わいで食べ応えがありますよ。里芋は下ゆでするため、炒める必要はありません。最後に調味料を絡めていただきましょう。

16. ピリ辛!里芋のオイスターソース炒め

素揚げ里芋をピリ辛のひき肉と炒め合わせると、ごはんが進むひと品のできあがりです。にんにくや生姜の香りが食欲をそそりますよ。里芋はレンジで火を通してから揚げるので、表面がカリッとすればOK。ひき肉は、旨みの強い豚または合いびきが合いますよ。

17. お弁当にも。里芋のカレーマヨ炒め

里芋はカレー味とも相性抜群。にんにくやマヨネーズを効かせるので、肉を使わなくても満足感がありますよ。里芋は大きめにカットすると食感を楽しめます。カレーの香りと風味はしっかりありますが、辛みはほとんどなく、子どもも食べやすい味付けです。

【煮物】里芋を使う人気レシピ9選

18. 定番の味!里芋の煮物

Photo by macaroni

和食の定番のひとつ、里芋の煮物を手軽に作ってみませんか?里芋を下ゆでせずに、塩もみ後に煮るのがおいしさの秘訣。独特のぬめりとねっとり食感が際立つ煮物になりますよ。煮汁が焦げやすいので、弱火でコトコト煮るのがポイント。里芋がつやややになったらできあがりです。
この記事に関するキーワード

編集部のおすすめ