里芋の皮むき方法!レンジ・鍋・包丁、徹底攻略。かゆみ対策もバッチリ!

里芋の皮むきって手間がかかって大変……。そこで今回は、レンジや鍋、包丁を使った簡単な里芋の皮のむき方をご紹介します。また、かゆみも里芋を調理する際のひとつの悩みですよね。かゆみを軽減する方法もご紹介するので、ぜひ試してみてください!

2018年11月26日 更新

レンジで簡単!里芋の皮むき方法

用意するもの

里芋と耐熱容器とラップ

Photo by donguri

・里芋
・ザル
・耐熱容器
・ラップ

皮のむき方

里芋を洗っている様子

Photo by donguri

1. 里芋を洗って土を落とします。
ラップをされた里芋

Photo by donguri

2. 水をふかずに耐熱容器に入れ、ふんわりとラップをします。
里芋を加熱している様子

Photo by donguri

3. 600Wで、2~5分加熱します。
里芋の皮をむいている様子

Photo by donguri

4. 粗熱がとれたら、指で押し出すように皮をむきましょう。スルっと皮がむけますよ。

コツ、ポイント

里芋の皮をむく方法として、一番簡単なのがレンジです。お鍋を用意する必要がないですし、コンロがふさがっている時にも便利に使えます。

里芋の量や大きさによって加熱時間が変わるので、2~5分の長さで様子をみながら調整してください。作業時間を短くしたい場合は、レンジで温めたあと流水で冷やしてから皮をむきましょう。

たっぷり使う時は鍋で!里芋の皮むき方法

用意するもの

里芋と鍋と水

Photo by donguri

・里芋
・水
・鍋
・ザル

皮のむき方

里芋を洗っている様子

Photo by donguri

1. 里芋を洗って土を落とします。
里芋を茹でている様子

Photo by donguri

2. 鍋に里芋と浸るくらいの水を入れ、中火~強火で15分ゆでます。
里芋の皮をむいている様子

Photo by donguri

3. 里芋をザルにあげて水で冷やし、指でこすると、ツルッとむけますよ。

コツ、ポイント

ゆでたあとの里芋の皮は簡単にむけるので、水洗いするとき入念に泥を落とす必要はありません。レンジ同様、ゆで時間は里芋の大きさによって異なるので、沸騰してから5~10分程を目安にしてくださいね。

加熱した里芋はねばりが少ないので、手がかゆくなりにくいというメリットも。圧力鍋を使う場合は、加圧後2分ほど時間をおけば、同じように皮がむけます
1 / 3

特集

FEATURE CONTENTS

WRITER

donguri

カテゴリー

CATEGORY

ランキング

RANKING

毎日更新!SNSで逃さずチェックしよう