カットじゃがいもの解凍方法

解凍する場合は、自然解凍させましょう。ただし、じゃがいもは無理に解凍する必要はありません。そのまま調理に使用できます。

マッシュポテトを冷凍する方法

じゃがいもはマッシュポテトにして冷凍保存する方法が一番適しています。

マッシュポテトにするにはじゃがいもを加熱する必要がありますが、電子レンジを使う、ゆでる、蒸すなど、どのような方法でも構いません。しっかりと火が通ったじゃがいもを潰してマッシュポテトを作りましょう。

保存方法

マッシュポテトにする際は、じゃがいもをしっかりと冷ましてから冷凍してください。ここでしっかりとじゃがいもを冷ますのは、じゃがいもの水分を可能な限り飛ばすためです。あらかじめ水分を飛ばして冷凍保存をしておけば、解凍する際に水っぽくならず、ボソボソの食感になってしまうこともなくなります。

十分に冷ましたマッシュポテトを保存袋に入れて平らな状態にしてから、冷凍保存しましょう。

ポテトサラダを冷凍するのはNGです。きゅうりやレタスといったほかの野菜も同時に冷凍してしまうと解凍する段階で野菜から水分が出てしまうので、マッシュポテトのみを冷凍保存するように気をつけましょう。

保存期間

マッシュポテトの状態で冷凍保存をすれば、1ヶ月程度は保存が可能です。使いたいときに使いたい分だけ使え、洗い物も少なくて済むので便利ですよ。

マッシュポテトの解凍方法

マッシュポテトを調理する際は、前日から冷蔵庫に移し替えて自然解凍させましょう。どうしても時間がないときには、電子レンジの解凍機能を使うこともできます。しかし自然解凍と比べると食べたときの食感は少し落ちてしまいます。

変色したらどうする?

生のじゃがいもをカットして冷凍保存した際に、取り出したら変色している場合があります。カットしたじゃがいもが変色してしまうのは、チロシンという成分がじゃがいもの組織を酸化させてしまうからです。

完全に冷凍されている状態、つまり冷凍庫内で変色が進むことはありませんが、解凍して使おうと冷凍庫から出すことによってじゃがいもが空気に触れてしまいます

前述のチロシンという成分は、空気に触れて酸化することで、黒い色素となるメラニンに変化してしまうのです。黒く変色してしまったからといってすぐに食べられなくなるわけではありません。ただし、緑色のじゃがいもは食中毒を引き起こす場合があるため避けましょう。

編集部のおすすめ