ライター : 4575

子育てフードライター

小学生の子どもを持つママ、4575です。家事や仕事に忙しくてもおいしいごはんを作りたい!とレシピを日々研究中。作り置きや時短料理など、毎日のお料理を楽しく作るレシピをたくさん紹…もっとみる

じゃがいもの旬はいつ?

じゃがいもは全国各地で通年栽培されていますが、多く出回るのは春と秋の2回。暖かい地域では冬に植え付けて春に収穫し、寒い地域では春に植え付けて秋に収穫されます。

なお、一般的に「新じゃが」と呼ばれるものは、春に収穫されるじゃがいものことです。

じゃがいもの生産地や品種

生産地

農林水産省の「令和元年作物統計調査」によると、国内でもっとも多くじゃがいもを生産しているのは北海道。収穫量は189万トンにもなります。2位は鹿児島県で95,000トン、3位は長崎県で99,000トンと続きます。(※1)

品種

じゃがいもの代表的な品種は、丸みがありごつごつした形が特徴の「男爵(だんしゃく)」と細長い形の「メークイン」のふたつ。ほかにも、果肉がオレンジ色の「インカのめざめ」や、皮と果肉どちらも濃い紫色の「キタムラサキ」などさまざまな品種があります。

じゃがいもの選び方と保存方法

選び方

じゃがいもは、皮の表面がなめらかで、傷やしわがないものを選びましょう。しわが入っているものは鮮度が落ちている場合があるため、避けたほうが良いです。持ったときに軽いじゃがいもは、水分が抜けて「す」が入っている可能性があります。重量感のあるものを選んでくださいね。

保存方法

じゃがいもは、風通しの良い場所に常温保存しましょう。日が当たると皮が緑色になったり芽が出たりすることがあります。緑色の皮や芽には毒素が含まれているため、日が当たらないように、紙袋や新聞紙に包んで冷暗所に保存してください。
※新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、不要不急の外出は控えましょう。食料品等の買い物の際は、人との距離を十分に空け、感染予防を心がけてください。
※掲載情報は記事制作時点のもので、現在の情報と異なる場合があります。
この記事に関するキーワード

特集

FEATURE CONTENTS