キャベツを冷凍保存する方法は?保存期間と活用レシピも知りたい!

さまざまなレシピに大活躍のキャベツ。余ってしまったときは、冷凍保存すると便利なんですよ。キャベツを冷凍保存する方法は?保存期間はどのくらい?人気レシピも併せてご紹介します。キャベツ料理の幅が大きく広がります!

キャベツは冷凍こそ賢い!

キャベツはそのままの形で保存するにはかさばるものです。しかし、もらいものなどで家にキャベツが何個も余っている、なんて経験はありませんか?

さまざまな料理に使えて助かるのですが、保存が大変ですよね。そんなときは、キャベツを冷凍保存しましょう!ここでは、キャベツを冷凍保存する方法や保存期間、さらにおすすめレシピまで詳しくご紹介します。

キャベツを生のまま冷凍する方法

キャベツは一玉丸ごと買う方が経済的です。しかし、丸ごと買っても食べきれずに余らせてしまうこと、意外と多いのではないでしょうか。食べきれなくなったキャベツは冷蔵庫に入れてもかさばりますし、そういったときは冷凍で保存するようにしましょう。

キャベツを冷凍保存する、と聞くと、「本当にできるの?」という疑問もよぎりますが、キャベツは冷凍保存できるんです。冷凍保存することで長期間持つので、キャベツを余らせてしまっても、無駄なく使い切ることができるので安心です。

更に正しい方法で行うと、鮮度をキープすることができますよ。

やり方

キャベツの冷凍保存は生のままでもいいですし、ゆがいてから冷まして保存する方法もあります。生のまま冷凍保存する場合は、せん切り、あるいはざく切りなど、そのままの状態よりも切ってから冷凍保存するほうがいいです。このとき、切ったキャベツを数分程度冷水にさらして、水分をよく切ってから保存袋に入れて冷凍するのがポイントです。

保存期間

生のキャベツを冷凍保存する場合の保存期間ですが、1ヵ月から2ヵ月程度です。長く保存はできるのですが、生キャベツの冷凍保存の場合は、品質が落ちやすいので、できるだけ早く食べるようにしましょう。目安としては2週間から1ヵ月といったところです。

ゆがいてから冷凍する方法

キャベツはゆがいてから保存することもできます。むしろゆがいて冷凍するほうが、キャベツ本来のもつしゃきしゃき感が残るのでおすすめです。ひと手間かけることになりますが、よりキャベツの食感を残したい場合、ゆがいたほうがいいでしょう。

ゆがいての冷凍保存は、生のキャベツの冷凍保存と同様、水分をよく切ってから、空気にふれないように冷凍することがポイントです。さらにできるだけ平らになるように、キャベツを保存袋に入れてから、内部が真空になるようにして保存袋の封を閉じるようにしましょう。

やり方

キャベツをゆがいてから保存する方法も、生のキャベツを保存する方法とそれほど大差はありません。まず、キャベツはザク切り、あるいはせん切りにします。そのあとはゆがきすぎないようにするのが大切です。その後水切りを十分に行い、保存用袋に入れて保存します。このときできるだけ空気は抜くようにしましょう。

生のまま冷凍すると、解凍したときに、キャベツ本来の持つ水分が逃げてシナシナになってしまうのですが、ゆがいた場合はキャベツ本来の持つシャキシャキ感が逃げません。

保存期間

ゆがいて冷凍した場合の保存期間は、1ヵ月から2ヵ月程度となります。もっとも、鮮度が逃げないうちに早めに解凍して食べるようにしましょう。

千切りキャベツの冷凍方法

キャベツの命といえば、そのシャキシャキ感。しかし食べきれないほどの千切りキャベツを、どう保存してよいのかわからないという方もいらっしゃるでしょう。そんなときは、キャベツを千切りにしたまま冷凍保存しましょう。ここでは、せん切りキャベツの冷凍保存の方法を紹介します。

やり方

まず、冷凍保存したい分だけの量のキャベツを千切りにします。ざるに入れて、ここで塩を適度にふって塩もみをします。手でもみつつ、カサが約3分の1くらいになるまでしんなりとさせるのがポイントです。

そして、水で綺麗に洗い流します。このときキッチンペーパーなどで、水気をしっかり取るようにします。冷凍用の保存袋に入れて、なるべく平らになるようにして真空状態を作るのがコツです。

特集

SPECIAL CONTENTS