ライター : 稲吉永恵

ローフードマイスター・野菜ソムリエ・オーガニックコンシェルジュ

野菜や果物の持ち味を生かす食べ方を提案する野菜ソムリエ。美容師・ローフード認定校講師として働きながら、パンと焼き菓子を製造販売しています。不調や不安をやわらげる、心と体にや…もっとみる

キャベツは冷凍しても大丈夫?

Photo by 稲吉永恵

ひと玉や半玉で購入すると、一度に消費できずに残ってしまうことが多いキャベツ。使い切れなかったキャベツは、冷凍保存がおすすめです。生のシャキシャキの食感は損なわれますが、炒めたりスープの具材にしたりして加熱調理すればまったく問題ありません。時短にも繋がるため、冷凍キャベツをうまく活用したいですね。

キャベツの冷凍保存方法

1. カットする

Photo by 稲吉永恵

キャベツを洗ってから、お好みの大きさにカットします。炒め物用のざく切りや、煮込み料理用のくし切りなど、使い道を考えてカットするといいですよ。

2. 水気を拭く

Photo by 稲吉永恵

キッチンペーパーでキャベツの水気をしっかり拭き取ります。

3. 冷凍用ジッパー袋に入れる

Photo by 稲吉永恵

冷凍用ジッパー袋に入れて、キャベツを平らにしてから中の空気を抜いて封をします。冷凍庫に保存します。

キャベツを冷凍する際の注意点

生のまま冷凍する

キャベツは、生のまま冷凍するのがおすすめ。手間がかからないうえ、冷凍することでキャベツの繊維が壊れ火が通りが早くなります。調理するときは凍ったまま使えるので、使用する分量ずつ保存しておくといいですよ。

洗ってから水気をしっかり拭き取る

キャベツに水気が残ったまま冷凍すると、霜が付いたり味や食感が落ちたりするおそれがあります。洗ったあとはペーパータオルで水気をしっかり拭き取ってから冷凍用ジッパー袋にいれましょう。
この記事に関するキーワード

編集部のおすすめ