ローディング中

Loading...

春の訪れを感じさせてくれるたけのこは、下処理が面倒なので手が出ない方も多いはず。でも、一度にまとめて冷凍保存すれば長持ちするんです!今回は、たけのこの冷凍保存方法や保存のコツ、活用レシピをまとめてみました。

たけのこって冷凍できる?

炊き込みご飯にしたり、若竹煮にしたり、お吸い物にしたりなど・・・春の訪れを感じさせてくれる食材、たけのこ。その豊かな香りと、シャキシャキの食感はなんだか幸せな気持ちにさせてくれますよね。

たけのこは、本当に新鮮な状態であればお刺身としてもおいしく食べることができます。ですが、なかなか新鮮なうちにたけのこ1本を使い切ることってできませんよね。ましてやたけのこはアク抜きなどの下処理の手間があるため、それがネックで食べたいけれど手がでないという方も多いのではないでしょうか。

そんなたけのこは、まとめて冷凍保存がおすすめです!今回は、たけのこの様々な冷凍保存方法と、冷凍保存したたけのこを活用したレシピをご紹介します。

そのままの冷凍はスカスカに

ちなみに・・・たけのこは真空パックに入って売られているものであれば消費期限が記載されているため、この通りに保存し食べ切るようにしましょう。ですが、真空状態になっていないたけのこを冷凍する際は、そのままの状態で保存してしまうと水分が抜け出してしまい、スカスカの状態になってしまいます。

たけのこの鮮度はもちろん、食感も守りながら保存するためにはどのようなコツがいるのでしょうか?一度スカスカになってしまったたけのこは、もう戻らないのでしょうか。春の時期にしか味わえない、貴重なたけのこをムダにしないためにも、冷凍保存のコツをしっかりとおさえておきましょう!

たけのこの保存期間

たけのこを保存する方法は主に2つです。冷凍保存をする場合と、冷蔵保存をする場合。一般的に、たけのこに限らず食材を日持ちさせたい場合は冷凍保存がおすすめとされていますが、具体的にはどれぐらい保存期間に差が出るのでしょうか。

冷凍保存した場合

たけのこを冷凍保存した場合は1ヶ月を目処に使うようにしてください。1ヶ月以上が経過してしまうと冷凍焼けを起こす可能性があり、さらには水分が抜けて前述の通りスカスカの状態になってしまいます。また、期間内であっても、調理する際は見た目やニオイなどに変化がないか、念のため確認してくださいね。

冷蔵保存の場合

たけのこを冷蔵庫で保存する場合は、基本的に1週間程度が保存期間だと思っておきましょう。濃い塩水に漬けて保存する方法がありますが、こちらの保存方法であれば1ヶ月程度は冷蔵庫でも保存することができます。

一般的な方法で冷蔵保存をする場合には、やはり1週間程度を目安に使い切るように意識しましょう。またタッパーなどの容器に水に入れてたけのこを冷蔵保存する場合には、毎日水を変えながら5日以内に食べきることをおすすめします。
▼方法次第で1年持つ!詳しい保存テクニックはこちら

たけのこのアク抜き方法は?

たけのこを使用する際には必ずアク抜きをする必要があります。すでに水煮となって販売されているものはアク抜き済みですが、そうでないものについては自身でアク抜きをしなければなりません。その後、使いきれれない分については保存しましょう。

たけのこのアク抜きをする際には3枚程度の皮をむき、先端部分を斜めに切り落とします。さらに、たけのこの真ん中に深く切れ目を入れましょう。

また、アク抜きに関してもいくつか方法がありますので、その代表的なものをご紹介します。

米ぬかを使ったアク抜き方法

米ぬかを使用する場合には、たけのこ500gに対し一握りの米ぬかを使いましょう。米ぬかの代わりにお米のとぎ汁を使うこともできます。お米のとぎ汁であれば鍋一杯分の研ぎ汁に、たけのこを入れてアク抜きをします。

どちらの方法であっても1時間程度弱火で茹でた後、冷めるまで放置しその後皮をむきましょう。

米ぬかがご家庭にないという方はこちらの記事もチェックしてみてくださいね。

重曹を使ったアク抜き方法

重曹を使ってたけのこのアク抜きをする場合には、1リットルに対し小さじ一杯分の重曹を入れてください。まずは鍋で沸騰させた後、たけのこを入れて30分程度弱火で茹でます。その後は冷めるまで置いておき、カットして調理する、保存するといった方法をとりましょう。

大根おろしを使ってアク抜きをする方法

大根は皮がついている状態ですりおろします。アク抜きをする際は、たけのこの量に合わせながら、大根おろしの汁と大根おろしに対し倍量の水を加えます。ここに塩を小さじ一杯加え、茹でずにそのまま放置してください。

2時間程度でアクがかなり抜けるので、その後他鍋で5分程度茹でて水煮の状態にします。それから調理に使用する、または保存しましょう。

この記事を見た人はこんな記事も見ています

こんな記事も見られてます

生はちょっと危険!「なめこ」の正しい下処理とおいしい食べ方をガイド

レシピ

独特のぬめりが特徴のなめこ。お味噌汁などを中心に、食卓にあがることも多いですよね。しかしなめこの正しい調理法をご存じですか。なめこは洗った方がいいのか?なめこの正しい食べ方や保存期間、おすすめの使い方レシピま…

作り置きOK!「ミートソース」のレシピ&アレンジ3選

ミートソース パスタ レシピ 作り置き まとめ

子どもから大人まで人気のパスタと言えば、ミートソースですよね。今回は、基本のレシピや簡単なコツ、さらにアレンジレシピもご紹介。冷凍ストックしておくこともできるんですよ◎ おいしいミートソースを作って、いろいろ…

簡単おしゃ見え!「鯛のカルパッチョ」のレシピ&ソース別アレンジ7選

レシピ まとめ

新鮮な鯛を使ったカルパッチョを作ってみましょう!材料たったの3つでできるカルパッチョソースの作り方と、ソース別のアレンジレシピ7選をご紹介します。鯛のカルパッチョを、ご家庭で優雅に満喫しちゃいましょう。

スペイン風オムレツ「トルティージャ」のレシピ!簡単な作り方もチェック◎

スペイン オムレツ レシピ

まるでケーキのような「トルティージャ」。日本では、スペイン風オムレツ、スパニッシュオムレツなどの名前でも親しまれており、パーティーやおもてなしにもピッタリな料理なんです!今回は、基本のレシピや上手に作るコツを…

ほの甘くて香ばしい◎「きな粉パン」のレシピ15選

レシピ パン まとめ

きな粉を使ったパンはほのかな甘さと香ばしさで、年齢を問わず人気がありますね。今回は、きな粉を使ったパンの人気レシピをご紹介。手軽にできるトーストから、手ごねで作る本格パンまでバリエーション豊かなレシピを揃えま…

関連するまとめ記事

こんなまとめ記事もあります

食べ物にまつわるしょうもないギネス記録『10』選

ピザ パン まとめ

世界には、何でこんなことをしようと思ったんだろう…と思ってしまうようなことが沢山あります。でも、そんなしょうもないことでも、世界一なら認定してくれるのがギネスこと『guinnessworldrecords』!…

男ならワイルドに焼いてガッツリ食うべきBBQの食材『10』選

まとめ

夏と言えばキャンプ。キャンプと言えばBBQ!色んなものを皆で焼いて美味しく食べるBBQですが、ワイルドに焼くBBQは男を見せるチャンスです。そこで、キャンプだろうがそうじゃなかろうが、グリルがオススメのBBQ…

妊活中・妊娠中に避けたい食べもの『5』選!

まとめ

妊娠中や妊活中は生活、特に食べ物や飲み物には気を使うことと思います。そこでここでは、そんなときに気をつけたい食べ物、飲み物から、特に気をつけたいものを「5」つご紹介します!

鍋のアク取りは本当に必要?覚えておきたいアク取りのコツまとめ

まとめ

冬といえば温かい鍋や煮込み料理が食べたくなりますよね。そんな鍋で気になることのひとつが「アク」ではないでしょうか。そもそも、アクは取る必要があるのでしょうか?その理由と覚えておきたいアク取りのコツをまとめまし…

これでお腹もスッキリ☆便秘に効果的な食べ物「8」選

フルーツ まとめ

便秘に悩んでいる人って少なくないですよね。そんな人はまず食事から変えてみてはいかがですか?今回は便秘に効果的な食べ物を8つご紹介します♫便秘だけでなく、栄養もたっぷりとれる食品ばかりなので是非参考にしてみて下…

おすすめの記事

こんな記事も人気です♪

リピーター続出!大阪九条本店「いずみカリー」でボリューム満点カレー

カレー ハンバーグ 大阪

大阪九条に本店を構えるいずみカリーは、量が多くてコスパ最強のカレー店。東京の千駄ヶ谷、北海道など各地方にお店を展開するほどの人気店です。「おいしいカレーをお腹いっぱい食べたい!」という希望を叶えてくれるカレー…

隠れ家的名店も!新宿で絶対に行きたいベトナム料理店15選

新宿 ベトナム料理 まとめ

世界中の料理が集まる新宿には、ベトナム料理のお店も多く存在します。今回はそんな新宿のおすすめベトナム料理店を15選ご紹介します。おひとりさまでふらりと立ち寄りたいお店から、大切な人とゆったりとした時間を過ごせ…

「シェイクシャック」の裏メニューまとめ。野菜増量無料がうれしい!

ハンバーガー アメリカ まとめ

2015年11月に日本初上陸した「シェイクシャック」。新鮮な野菜とジューシーなパティが人気のハンバーガーレストランですが、実は裏メニューがあるのを知っていますか?知っておくとお得に、よりおいしくシェイクシャッ…

ページTOPに戻る