米ぬかを使ったアク抜き方法

米ぬかを使用する場合には、たけのこ500gに対し一握りの米ぬかを使いましょう。米ぬかの代わりにお米のとぎ汁を使うこともできます。お米のとぎ汁であれば鍋一杯分の研ぎ汁に、たけのこを入れてアク抜きをします。 どちらの方法であっても1時間程度弱火で茹でた後、冷めるまで放置しその後皮をむきましょう。
▼米ぬかがご家庭にないという方はこちらの記事もチェックしてみてくださいね。

重曹を使ったアク抜き方法

重曹を使ってたけのこのアク抜きをする場合には、1リットルに対し小さじ一杯分の重曹を入れてください。まずは鍋で沸騰させた後、たけのこを入れて30分程度弱火で茹でます。その後は冷めるまで置いておき、カットして調理する、保存するといった方法をとりましょう。

ITEM

自然にやさしい重曹

¥294

内容量:1kg

※2018年5月25日時点 価格は表示された日付のものであり、変更される場合があります。本商品の購入においては、Amazon.co.jpおよびrakuten.co.jpで正確かつ最新の情報をご確認ください。

大根おろしを使ってアク抜きをする方法

大根は皮がついている状態ですりおろします。アク抜きをする際は、たけのこの量に合わせながら、大根おろしの汁と大根おろしに対し倍量の水を加えます。ここに塩を小さじ一杯加え、茹でずにそのまま放置してください。 2時間程度でアクがかなり抜けるので、その後他鍋で5分程度茹でて水煮の状態にします。それから調理に使用する、または保存しましょう。

基本のたけのこの冷凍方法

たけのこの保存方法はいくつかあります。なかでも、まずは基本的なたけのこの冷凍方法についてご紹介しましょう。 1.たけのこをアク抜きします。 2.たけのこを小さくスライスします。 3.スライスしたたけのこの水気をしっかりと切り、ジップ付きの保存袋に入れて冷凍庫で保存しましょう。

砂糖を使った冷凍方法

お砂糖を使ってたけのこを長期保存するための方法をご紹介します。お砂糖をまぶして保存することによって、たけのこから逃げようとする水分をお砂糖がキャッチして閉じ込めるためてくれます。そのため、たけのこのシャキシャキとした食感が損なわれることなく保存することができるのです。

準備するもの

・たけのこ ・砂糖 ・フリーザーバック ・ストロー

編集部のおすすめ