下処理なし!たけのこ水煮の使い方&簡単レシピ25選

煮物や炊き込みご飯においしいたけのこですが、下処理がちょっと面倒ですよね。たけのこの水煮を使えば下処理をせずすぐに料理に使うことができますよ。たけのこの水煮の使い方とおすすめのアレンジレシピをご紹介します。お弁当に使えるレシピもあります。

下処理いらず♩たけのこ水煮のレシピ

たけのこは、生で頂くと香りが高く格別のおいしさなのですが、アク抜きをする下処理が面倒だったり、一度に使い切れずもったいない結末を迎えこともありますよね。そんな時には、一年中おいしい「たけのこの水煮」がとっても便利です。

そのまま使ってOK

たけのこの水煮はパックから取り出し、水洗いするだけでそのまま調理に使えます。水煮のたけのこの中には白い粉のようなものが入っている場合がありますが、これはチロシンというアミノ酸の一種です。気にならない方は洗い流さずそのまま調理に使用して大丈夫ですよ。

臭みやえぐみが気になる方は、タッパーなどにたけのこがかぶるくらいの塩水に30分以上浸すか、さっと茹でると匂いが抑えられます。

日持ちについて

商品にもよりますが、未開封の場合は3ヶ月から1年ほどもちます!一度開封し空気に触れると劣化が進みますので開封後は早めに食べてくださいね。

使い切れない分はタッパーなどに、たけのこがかぶるくらいの水を入れた後、冷蔵庫の野菜室などで保存。毎日水を交換すれば5日程度持ちますが、変色や異臭など異常が見られたら廃棄してくださいね。

メインに◎たけのこの水煮レシピ13選

1. やっぱりまずは!たけのこご飯

具は、水煮たけのこと油揚げだけ、これぞシンプルイズベストな、たけのこご飯のレシピです。調味料もご家庭になる基本のものだけですので、材料さえ準備すればあとは炊飯器任せ!子供から大人まで、みんな大好きたけのこご飯も、水煮たけのこで挑戦するととっても簡単です!

水煮たけのこを小さく刻むと、お弁当のおにぎりにもアレンジできますね!

2. 和食の定番!筑前煮

たけのこの美味しさを引き出す料理といえば、筑前煮が代表的じゃないでしょうか?ほくほく食感のたけのこは、まさに「おふくろの味」ですよね。このレシピでは材料の切り方も丁寧に教えてくれますので、和食の基本となる筑前煮をおさらいしてみてはいかがでしょう。

筑前煮は、お正月のおせち料理にも欠かせない作り置き料理の定番です。水煮たけのこを使うことで時短で作れるうえに、お弁当や夕食のもう1品というときに家族に喜ばれること間違いないですね。

3. たけのこのタイ風グリーンカレー

食感のよいたけのこは、スパイシーな料理が多いアジアンメニューによく使われる食材です。グリーンカレーもそのひとつ。ココナッツの甘さと香辛料の香りがたけのこに染みいるメニュー。下処理に時間がかかるたけのこは、水煮を使って簡単にグリーンカレーを仕上げたいですね。

4. そのまま豪快に!たけのこステーキ

水煮たけのこをさっと焼いて、わさびマヨで頂く、手軽にできるレシピなのにおしゃれな感じがよいですね。

夕食のもう1品にも、パーティーの大皿料理にもぴったりなので、ぜひ大勢でワイワイ食べる機会にいかがでしょう。アクセントになるわさびマヨも、チューブわさびとマヨネーズ、そして牛乳を混ぜただけの簡単レシピ!お子さんがいる場合は、わさびなしでもOKだと思います!

特集

SPECIAL CONTENTS