ライター : koku_koku

とある郊外に在住。2児の母。 やや健康オタク。発酵、運動、いろいろ取り入れて風邪知らず。みなさんに「そうそう!こういうの知りたかった!」と思っていただけるようなものを書いて…もっとみる

生クリームに入れる砂糖の量は?

一般的には6%から10%で調整

通常、生クリームは200mlのパッケージで販売されています。推奨される砂糖の分量は、およそ10%です。しかし、甘さを抑えたい場合や、ほかの素材の甘さを生かしたい場合はもう少し甘さを控えたほうがベター。デコレーションしやすく、やさしい甘さが生かせる6%からしっかりとした甘さを感じられる10%で調整していきましょう。

砂糖の量と甘さの目安

6%

生クリーム200mlに対して砂糖12gの分量です。ホイップしたときのあま味は控えめで口当たりはさっぱりしています。モンブランなどの素材のあま味を生かしたお菓子などにおすすめです。

7%

生クリーム200mlに対して砂糖14gの分量です。口当たりはやさしいあま味で、フルーツサンドなどを作るときにおすすめです。

8%

生クリーム200mlに対して砂糖16gの分量です。しっかりしたあま味を感じることができる分量です。この分量が一般的に適量と考える方も多いことでしょう。

9%

生クリーム200mlに対して砂糖18gの分量です。あま味が強めなのでクレームブリュレなどを作るのにおすすめです。
※新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、不要不急の外出は控えましょう。食料品等の買い物の際は、人との距離を十分に空け、感染予防を心がけてください。
※掲載情報は記事制作時点のもので、現在の情報と異なる場合があります。
この記事に関するキーワード

特集

FEATURE CONTENTS