ヨーグルトは賞味期限が切れても食べられる!? そんなときの活用レシピもご紹介

冷蔵庫を開けると先週買っておいたヨーグルトが賞味期限切れ…ということはありませんか?乳製品の賞味期限切れは少し恐いなと思われる方も多いことでしょう。今回はそんなヨーグルトの賞味期限についてと切れてしまったときの活用レシピをご紹介します。

2016年8月18日 更新

賞味期限が切れたヨーグルト、どうすれば良い?

賞味期限が切れてしまったヨーグルトをどうしようか悩んだことがある人は多いのではないでしょうか?ネットでは、ヨーグルトは多少であれば賞味期限が切れていても問題なく食べることができるという意見が複数あります。それでも意見は様々ですので未開封であれば2〜3日遅くとも5日、開封済みの場合は、開封したときから2〜3日と考えていただいたほうがいいでしょう。今回は、ヨーグルトの賞味期限と、それでも食べたくない、どうしよう……という方に、賞味期限切れのヨーグルトを使ったおすすめレシピもご紹介します。

結論から言うと早めに食べることをおすすめします

食べる方の判断にもよりますが、ヨーグルトはもともと発酵食品であるため腐敗が進みにくく、賞味期限が切れたからといってすぐに廃棄する必要はないと考えていいでしょう。開封していない状態のヨーグルトであれば、1ヶ月ほど賞味期限が切れていても食べることができるというご意見もありました。もしもヨーグルトが開封済みの場合は、賞味期限に関係なく、開封後2~3日ほどで食べ切るほうがいいでしょう。ただし、開封していないヨーグルトでも開封済みのヨーグルトでも、異臭がしたり、見た目で異常を感じる場合は迷わず廃棄することをおすすめします。いずれにしても、賞味期限が切れたヨーグルトはできるだけ早く食べること、ですね。

ヨーグルトを長持ちさせるコツ

ヨーグルトは冷蔵庫で保存し、高温多湿の場所や直射日光が当たるような場所には置かないようにすることが基本となります。ヨーグルトが劣化してしまい、品質や風味が落ちてしまいます。また、よりヨーグルトを長持ちさせるには、冷凍保存をするという方法もあります。購入したパックのまま、または清潔な保存容器に小分けにして冷凍しましょう。冷蔵保存した場合よりも乳酸菌が弱ってしまうのですが、完全に効果がなくなってしまうわけではありません。ヨーグルトを冷凍をする際、砂糖を混ぜておくことで、解凍する時に生じやすい分離を防ぐことができますよ。砂糖ではなく、ジャムでも同様の効果が得られます。

賞味期限の切れたヨーグルトレシピ

おやつにぴったり!フローズンヨーグルト

・材料
無糖のプレーンヨーグルト 200g
はちみつ 大さじ2
牛乳(または生クリーム) 大さじ2

・レシピ
1. 材料をよく混ぜ合わせる
2. 1~2時間に1回程度かき混ぜながら、冷凍庫で冷やし固める
3. 器に盛れば、できあがり

牛乳を生クリームにすると濃厚なフローズンヨーグルトを作ることができますよ。材料を混ぜて冷凍庫で冷やすだけなので、とっても簡単に作ることができます。
1 / 2

特集

FEATURE CONTENTS

WRITER

ニコライ

カテゴリー

CATEGORY

ランキング

RANKING

毎日更新!SNSで逃さずチェックしよう