インドで定番の「ラッシー」って何?原料やカロリーまで公開!

インドでは定番の「ラッシー」。名前は聞いたことあるけど、どんな飲み物なのでしょうか?今回はラッシーの原料や味わい、カロリー、基本の作り方など、ラッシーについてのアレコレをまとめてみました。あなたもラッシーに挑戦してみませんか?

インドの飲み物「ラッシー」とは

本場インドでは、チャイと共にカレーには欠かせない定番ドリンク「ラッシー」。インドレストランでも味わうことができるので、飲んだことがある人もいると思いますが、ひと言で言えば「インドの飲むヨーグルト」といった感じの飲み物でしょうか。

原料

一般的なラッシーの材料は、ヨーグルトと牛乳。味わいをつけるために、はちみつやフルーツを混ぜ合わせる場合もあります。ドロッとした濃厚なものから、サラサラと飲めるものまで、濃さはさまざまです。

本場インドでは、「ダヒー」と呼ばれる濃厚なヨーグルトが原料として使われているのですが、日本で買えるようなギリシャヨーグルトやプレーンヨーグルトで作っても、ラッシーに変わりありません。

味わい

ヨーグルトと牛乳で作られているため、まろやかな味わいが特徴です。日本ではさらっと甘めのものが一般的ですが、本場インドでは濃厚さが際立つものが多く、なかには塩で味付けされているラッシーも。どちらにせよ、スパイシーで刺激的なインドカレーによく合う味わいですよ。

カロリー

一般的なラッシーは、1杯(約280cc)あたり230kcalほどです。牛乳が入っているためカルシウムが豊富なのですが、脂質も比較的多め。おいしいからとゴクゴク飲むのではなく、カレーのときの飲み物として飲むくらいがちょうど良さそうですね。

ラッシーと飲むヨーグルトの違い

「ヨーグルトで作られるドリンク」と聞いて、わたしたちが真っ先に思い浮かぶ飲み物と言えば「飲むヨーグルト」ではないでしょうか?同じヨーグルトドリンクですが、どのような違いがあるのでしょう。

明確な違いはない!

結論から言うと、はっきりとした違いはありません。

そもそも飲むヨーグルトの定義が「ヨーグルトをドリンク状にしたもの」なので、飲むヨーグルトという大きなくくりの中に、ラッシーが含まれていると考えるのがベターかもしれませんね。

【基本】ラッシーの作り方

材料(1人分)

・牛乳……150cc
・プレーンヨーグルト……50g
・はちみつ……大さじ1杯
・レモン汁……大さじ2杯

作り方

1. ボウルに材料をすべて入れ、泡立て器などで均一になるよう混ぜ合わせます。
2. グラスに注ぎ、氷を2~3個加えたら完成です。

牛乳とヨーグルトのおいしい比率

サラっと飲みやすいラッシーにしたいなら、牛乳3に対しヨーグルト1を目安に作ってみましょう。トロ~リ感がお好きな方は、牛乳2に対しヨーグルト1にすると、飲みごたえのあるラッシーに仕上がります。

特集

SPECIAL CONTENTS