市販のヨーグルトで超簡単!濃厚ギリシャヨーグルトの作り方&食べ方いろいろ♪

濃厚クリーミーな味わいの「ギリシャヨーグルト」は、一般的な市販のヨーグルトで簡単に作れるのをご存知ですか?今回は、そこで今回は、ギリシャヨーグルトの作り方と、いろいろな食べ方をご紹介します。そのままはもちろん、料理やスイーツ作りにも大活躍ですよ♪

2019年2月12日 更新

超簡単でコスパよし♪ 自家製ギリシャヨーグルトの作り方

自家製ギリシャヨーグルトの作り方 完成品

Photo by suncath

濃厚でクリーミーな味わいが人気の「ギリシャヨーグルト」。実は、専用の菌があるわけではなく、ヨーグルトの水分を切ったものなんです。つまり、市販のヨーグルトをろ過すれば、簡単に手作りできちゃう!今回は、どこのご家庭にもあるキッチン用具を使ってギリシャヨーグルトを作りましょう。

材料(できあがり約250g)

・市販の無糖プレーンヨーグルト……400g

※ ザル・ボウルなどの容器・キッチンぺーパーなどを使います。

作り方

1. 容器にザルをセットする

容器にザルをセットする

Photo by suncatch

容器の上にザルをセットします。ザルはヨーグルトが入る量、容器にホエー(ヨーグルトの水分)がたまるので、ザルがホエーに浸からないだけのすき間があるサイズを選びましょう。

2. キッチンペーパーをしき、ヨーグルトを入れる

キッチンペーパーをしき、ヨーグルトを入れる

Photo by suncatch

ザルの上に、キッチンペパー1枚から2枚をセットし、ヨーグルトを全部入れます。すぐに、ホエーが容器の底に落ち始めますよ。キッチンペーパーの四隅は、容器の中に挟み込むか、ヨーグルトを包むようにしましょう。

3.ラップをかけて、冷蔵庫に入れる

上からラップをかけて、冷蔵庫に入れる

Photo by suncatch

上からラップをかけて、冷蔵庫に入れます。2時間から6時間以上、水切りの時間が長いほど固いギリシャヨーグルトになります。

4. 完成

6時間水切りした、ギリシャヨーグルトとホエー

Photo by suncatch

6時間水切りした、ギリシャヨーグルトの完成です。ヨーグルトは約250g、ホエーは約150g。たんぱく質が豊富なホエーも、捨てずに料理・ドリンク・スイーツの材料に活用しましょう。
6時間水切りしたギリシャヨーグルト

Photo by suncatch

プーンを傾けても落ちないほどの、濃厚でクリーミーなギリシャヨーグルトになりました♪

作るときのコツとポイント

ヨーグルトの選び方

自家製ギリシャヨーグルトは、使ったヨーグルトを凝縮した味わいになります。プレーンがクリームチーズに近いのに対して、無脂肪の場合はカッテージチーズに近い風味に。ぜひ、いろんなブランドで試して、味の違いを楽しんでみては?

水切り時間と量の目安

特集

SPECIAL CONTENTS