ライター : suncatch

食生活アドバイザー / パンシェルジュベーシック

大阪市在住、大学生と高校生の子をもつ主婦ライターです。育児中に長期入院生活を経験したことで、「おうちごはん」を作る楽しさ、頑張りすぎずに「おいしく味わう」ことの大切さを実感…もっとみる

超簡単でコスパよし♪ 自家製ギリシャヨーグルトの作り方

Photo by suncath

濃厚でクリーミーな味わいが人気の「ギリシャヨーグルト」。実は、専用の菌があるわけではなく、ヨーグルトの水分を切ったものなんです。つまり、市販のヨーグルトをろ過すれば、簡単に手作りできちゃう!今回は、どこのご家庭にもあるキッチン用具を使ってギリシャヨーグルトを作りましょう。

材料(できあがり約250g)

・市販の無糖プレーンヨーグルト……400g ※ ザル・ボウルなどの容器・キッチンぺーパーなどを使います。

作り方

1. 容器にザルをセットする

Photo by suncatch

容器の上にザルをセットします。ザルはヨーグルトが入る量、容器にホエー(ヨーグルトの水分)がたまるので、ザルがホエーに浸からないだけのすき間があるサイズを選びましょう。

2. キッチンペーパーをしき、ヨーグルトを入れる

Photo by suncatch

ザルの上に、キッチンペパー1枚から2枚をセットし、ヨーグルトを全部入れます。すぐに、ホエーが容器の底に落ち始めますよ。キッチンペーパーの四隅は、容器の中に挟み込むか、ヨーグルトを包むようにしましょう。

3.ラップをかけて、冷蔵庫に入れる

Photo by suncatch

上からラップをかけて、冷蔵庫に入れます。2時間から6時間以上、水切りの時間が長いほど固いギリシャヨーグルトになります。

4. 完成

Photo by suncatch

6時間水切りした、ギリシャヨーグルトの完成です。ヨーグルトは約250g、ホエーは約150g。たんぱく質が豊富なホエーも、捨てずに料理・ドリンク・スイーツの材料に活用しましょう。

Photo by suncatch

プーンを傾けても落ちないほどの、濃厚でクリーミーなギリシャヨーグルトになりました♪
この記事に関するキーワード

特集

FEATURE CONTENTS