ローディング中

Loading...

じゃがいもは生でも食べられるって知っていましたか?日頃の食卓で煮物や炒め物、揚げ物はもちろん、和風、洋風問わず食べられる身近な野菜ですよね。なじみのあるじゃがいもですが、今回はじゃがいもを生で食べる方法と、おすすめレシピもご紹介!

じゃがいもって生で食べられるの?

肉じゃがやポテトサラダにコロッケなど、じゃがいも料理は数えきれない程ありますよね。また、使えるジャンルの幅も広く、和風、洋風、どんなジャンルのお料理にも使うことができます。煮ても焼いても、蒸す、炒めるなど調理法も幅広いじゃがいもは、おうちにあると本当に便利な食材。季節を問わず手に入るのも嬉しいですよね。

「便利でおいしい」という印象がある一方で、炭水化物を多く含んでいることから、じゃがいもは太るというマイナスのイメージもあるでしょうか。ポテトフライなど揚げもの料理を食べる際には、カロリーや健康のことが気になる方もいらっしゃいますよね。じゃがいもは、油を使って調理しなくても、生で食べることができることをご存じでしたか?そのまま食べれば、ヘルシーかつ調理の手間もはぶけます。

今回は、じゃがいもは生でも食べられるのか、また生で食べる場合はどのような料理に取り入れるのが良いのかなど、詳しくご紹介していきます。

結論、じゃがいもは生で食べられる

ほとんどの料理で加熱して使わるじゃがいもは、生で食べるイメージがない方が多いのではないでしょうか。ですが、じつはじゃがいもは生でも食べられるのです。生のじゃがいもはシャキシャキとした歯ごたえがあり、加熱調理した時のホクホクした食感とはまた違う、おいしさを味わうことができますよ。

また、じゃがいはビタミン類、ミネラル、食物繊維なども多く含まれる野菜。煮たり茹でたりすることで流れてしまう栄養成分を、生で食べると防ぐこともできます。

生で食べてお腹はこわさない?

そんなメリットのあるじゃがいもの生食ですが、加熱調理しなくて本当に大丈夫か心配になりますよね?基本的には生で食べても体に害はありません。しかし、芽や緑色に変色した部分には、ソラニンやチャコニンと呼ばれる天然毒素が含まれ、皮にも多くはありませんが、毒素が含まれています。個人差はありますが、食べてしまうと中毒症状を引き起こす危険性もありますから、生で食べる場合は、皮をむいて、芽や緑色の部分はしっかり取り除いて食べましょう。

生で食べて美味しいの?

加熱して食べることが多いじゃがいも。そもそも、あえて生で食べるほど生のじゃがいもはおいしいの?と思っている方も多いのではないでしょうか。じゃがいもの主成分であるデンプンは、加熱することで糖化して甘みへと変化し、おいしくなります。そのため、じゃがいもは加熱したレシピが多いのですが、生食のシャキシャキとした食感もおいしいんですよ。次では、生で食べるポイントをご紹介。生で食べる際の参考にしてくださいね。

カットの仕方でおいしく

シャキシャキ感がたまらない生食のじゃがいも。カットの仕方によっては、せっかくのシャキシャキ感や風味が損なわれてしまいます。生のじゃがいもの食感を最大限に引き出すために、カットの仕方にも気を配ってみましょう。少し手間はかかりますが、よりおいしく仕上がりますよ。

カットの仕方

じゃがいもの皮をむいたら、スライサーを使って薄くスライスし、さらに包丁で細く切りましょう。細く切ったじゃがいもは、十分に水にさらしてデンプン質を取り除いてから酢の物やサラダなどに使うとおいしくいただけます。ポイントはなるべく薄く細くカットすること。デンプン質が多いので、大きいまま生で食べると、モサモサとした食感で、あまりおいしく感じられないようです。

新鮮なじゃがいもを選ぼう!

これまでじゃがいもは生でも食べられることをご紹介してきましたが、生で食べるなら、やはり新鮮なじゃがいもを使いたいですよね。では、新鮮なじゃがいもを選ぶためにはどういったことに気をつければ良いのでしょうか。その見分け方には、いくつかのポイントがあるようです。

表面がなめらかで、全体的にふっくらと丸みのあるもの傷やしわ、くぼみが少ないものを選びましょう。メークイーンを除いて、あまり大きすぎず中ぐらいのものがよいじゃがいも。また、緑がかったじゃがいもは鮮度がよくありません。また、変色した部分にはソラニンという中毒を起こす可能性のある物質が含まれていますので避けましょう。

じゃがいものサラダで食感を楽しむ!

ホクホクしたじゃがいももいいけど、たまには違う食感を楽しみたいという方に、おすすめのシャキシャキとした食感を味わえるじゃがいもサラダ。少しだけ熱を通すと、甘みが増しておいしくできますよ。簡単なので、ぜひ試してみてくださいね。

1 じゃがいもの千切りサラダ

レモンの風味がきいたさっぱりサラダのレシピです。もやしもたっぷり使っているので、ボリューム満点なのに低カロリーです。じゃがいもを千切りして水につけ、プチトマトときゅうりは適当な大きさに切ります。千切りにしたじゃがいもともやしは、それぞれ熱湯に入れて水を切ります。全ての材料とドレッシングを混ぜ合わせたら完成です。

この記事を見た人はこんな記事も見ています

こんな記事も見られてます

どの味がお好き?「ごまドレッシング」のレシピ、基本からアレンジまで!

レシピ まとめ

まろやかで豊かな香りが人気の「ごまドレッシング」。今回は、基本のごまドレッシングの作り方とアレンジレシピ6選、活用レシピ3選をご紹介します!手作りのごまドレッシングで、野菜をもっとおいしく食べてみましょう!

材料3つでプロの味♩「エッグタルト」のソムリエ技とアレンジレシピを大公開!

レシピ スイーツ タルト

たまごのスペシャリスト『たまごソムリエ』が、たった3つ食材で驚きのおいしさに仕上がる濃厚「エッグタルト」の作り方をご紹介!市販の冷凍パイシートやタルト型を使えばさらにお手軽♩さらに、すぐに試せる3つのアレンジ…

材料3つ!キャラメルポップコーンの簡単な作り方&スイーツアレンジ

レシピ

映画館やディズニーランドなどで人気の「キャラメルポップコーン」を自宅で作ってみませんか?市販のポップコーンに混ぜるだけのものや豆から作るもの、ちょい足しするとおいしいレシピをご紹介。レンジで簡単にできるものも…

ふっくら作る!基本のいなり寿司レシピ&簡単アレンジ10選

いなり寿司 レシピ

お弁当や行楽時に人気のいなり寿司。みなさんのいなり寿司レシピはどんなものですか?お揚げも酢飯もふっくらおいしく作る基本のレシピと材料を1つ加えるだけでおいしくなる簡単なアレンジいなりをご紹介!お祝い事やホムパ…

ほくほく「じゃがいもの味噌汁」のレシピ10選。どんな具材と合わせる?

じゃがいも まとめ

寒い日は、ほっこりしたい。そんなときにおすすめの食材が、体を温めてくれるじゃがいもです。どんな料理にも合いますが、今回おすすめするのは「味噌汁」。玉ねぎ、大根、わかめなど、いろいろな食材と組み合わせた簡単レシ…

関連するまとめ記事

こんなまとめ記事もあります

いつもありがとう!母の日に作ってあげたいレシピ「7」選♪

レシピ まとめ 寿司 ピザ

5月の第2日曜日は「母の日」日頃の感謝をこめてお母さんに料理をふるまってみてはいかがでしょうか?おすすめのレシピを集めてみました。ちなみに日本やアメリカでは第2日曜ですが、スペインでは第1日曜、スウェーデンで…

簡単なごちそう?バターをのせてチンするとおいしいものまとめ

バター まとめ レシピ

バターはあるものにのせて電子レンジでチンするだけでも濃厚なおいしさと旨みを引き立たせてくれます。これなら簡単にできるうえに、少しリッチなおいしさを味わえるかも?今回は、バターをのせてチンするとおいしいものをま…

話題のティラミスパンケーキをお家で!簡単なレシピまとめ♪

パンケーキ レシピ ティラミス スイーツ まとめ

最近話題になっているティラミスパンケーキをご存知でしょうか?ティラミスとパンケーキをコラボさせた新しいハイブリッドスイーツとして注目を集めているそうです。今回はティラミスパンケーキのレシピを紹介します♪

ダイエット効果も♡すぐ作れる!「マシュマロゼリー」レシピ8選

レシピ ゼリー まとめ

マシュマロはヨーロッパではのどの痛みや胃腸の炎症を抑える効果があるとして薬として使われていたんですって。そんなスーパーフードのマシュマロには美肌効果もありダイエット中のおやつにも最適!マシュマロを使ってゼリー…

メロンパンをもっとおいしく♡サンドするだけのアレンジアイデア8選

メロンパン レシピ まとめ

子どもから大人までみんな大好きな「メロンパン」。コンビニやスーパーでも買うことができる「メロンパン」ですが、最近では市販の「メロンパン」にちょい足しして楽しむ人が急増中だとか♪そこで今回はすぐに試せるアレンジ…

おすすめの記事

こんな記事も人気です♪

記事広告

世界の肉料理とマリアージュ!コク深い「キリン 生茶」で繊細な味わい引き立つ♩

ローストビーフ

お肉料理と「キリン 生茶」のマリアージュをご紹介。「ワイルドな味わいに合うの?」と不思議に思うかもしれませんが、奥行きのある深い味わいが、お肉の繊細なうまみを引き立てるんですよ!料理研究家・きじまりゅうたさん…

記事広告

おいしくて見た目もかわいい!意外な○○で作るハロウィンレシピ!

納豆 レシピ ハロウィン

納豆を使ったハロウィンメニュー5種をご紹介します!「個性が強い納豆は洋食に合わない」なんてもったいない!トロッととろける食感と濃厚なうまみが、どんな食材とも相性抜群なんです♩見た目もかわいく、意外性たっぷりな…

記事広告

乳幼児期の味覚レッスン!グリコ「幼児のみもの」で親子の楽しい食育タイム♩

グリコ「幼児のみもの」が2017年10月2日(月)にリニューアル!シリーズ5商品全てが無香料になりました。新しい味わいを、人気フードアナリスト・とけいじ千絵さんに味見していただきました。食育のコツと合わせてご…

ページTOPに戻る