からだの芯までポカポカ♪ 「鍋焼きうどん」の作り方・レシピ

今回は「鍋焼きうどん」の基本レシピをお届します。うどん、具、めんつゆを鍋に入れて火にかけるだけなので、忙しい日の晩ご飯や、受験生の夜食にもぴったり。冷蔵庫にある具材で手軽にアレンジしてくださいね。冬においしいポカポカ鍋料理と併せてご紹介します。

2019年10月15日 更新

アツアツを召し上がれ♪ 「鍋焼きうどん」の基本レシピ(調理時間:約15分)

ひとり用鍋に入った鍋焼きうどん

Photo by sakura4

だしとしょうゆのやさしい味わいがからだに沁み込むアツアツの「鍋焼きうどん」。ひとり用鍋があれば材料を入れて煮込むだけなので、帰りの遅い家族にも”できたて”を味わってもらえます。これを食べたら心もからだもポカポカ♪ 簡単なのでぜひ覚えてくださいね。

材料(1人分)

鍋焼きうどんの材料

Photo by sakura4

・うどん……1玉
・しいたけ……1個
・長ねぎ……1/4本
・油揚げ……2枚
・ほうれん草……1株
・かまぼこ……2切れ
・卵……1個

【めんつゆ】
・水……300cc
・しょうゆ……大さじ1杯
・みりん……大さじ1杯
・和風だし……小さじ1杯

作り方

1. 材料を切る

カットした野菜や油揚げ

Photo by sakura4

しいたけは石づきを取ります。長ねぎは薄い斜め切りに、油揚げは1cm幅に切ります。ほうれん草は4cmから5cmほどのざく切りにし、ラップに包んでレンジで2分ほど加熱したあと、水気を絞っておいてください。

2. うどん、しいたけ、油揚げ、ねぎをめんつゆで煮る

ひとり用鍋に入ったうどん、しいたけ、油揚げ、ねぎ

Photo by sakura4

鍋にサッと洗ったうどんを入れ、水、しょうゆ、みりん、和風だしを加え、しいたけ、油揚げ、長ねぎを入れて火にかけます。

3. その他の具材を入れて煮込む

ひとり用鍋に入った鍋焼きうどん

Photo by sakura4

3分ほど煮込んだら、かまぼことほうれん草をのせ、卵を割り入れ、フタをして少し煮込んだら完成です。

上手に作るコツ・ポイント

最後に入れるかまぼこ、ほうれん草、卵は完全に火を通す必要のないものばかりなので、お好みの状態になったら火から下ろしてください。

ねぎにあまり火を通したくない場合は、ねぎも最後に入れてくださいね。
1 / 2

特集

FEATURE CONTENTS

WRITER

sakura

カテゴリー

CATEGORY

ランキング

RANKING

毎日更新!SNSで逃さずチェックしよう