肌にいい食べ物を使うおすすめ「主菜」レシピ5選

1. 鶏むね肉とれんこんの黒酢炒め

Photo by macaroni

高たんぱく質な鶏むね肉と、ビタミンCたっぷりなパプリカを組み合わせる、健康的な肌のための栄養満点レシピ。具材を大きく切るので、食べ応えのあるおかずに仕上がります。黒酢のコクと香りが食欲をそそりますよ。

最後にふりかけるごまには、抗酸化作用があるビタミンEが豊富。しわ・たるみの対策に役立ちますよ。(※3,10)

2. 鮭とれんこんのアヒージョ

Photo by macaroni

にんにく香るアヒージョのレシピです。具だくさんなので、しっかりおかずになるひと品。鮭の色素成分であるアスタキサンチンは、抗酸化作用があります。しみの対策につながりますよ。

また、鮭はEPAやDHAを多く含んでいます。これらの成分は、人間の体内では作ることができない栄養素です。不足すると皮膚の炎症につながるおそれがあるため、積極的に摂り入れましょう。(※5,6,11,12)

3. たことオリーブのトマトソース煮

Photo by macaroni

たこをごろっと使う、とてもおしゃれなひと皿。トマトソースはパンにつけたり、パスタにかけたりしてもおいしく食べられますよ。

肌細胞を作るたんぱく質は、肉類に多いイメージがありますが、たこやいかなどの魚介類にも豊富。いつも肉類の献立が多いという方は、ぜひ魚介類のおかずも取り入れてみましょう。たこは鶏むね肉や豚バラ肉より低脂質なので、脂質の摂り過ぎによる肌荒れが気になる方におすすめ。(※9,10,13)

4. 野菜と鶏ひき肉の磯辺焼き

Photo by macaroni

海苔巻きのように見えるこちら、実は刻んだ野菜と鶏ひき肉を巻いて作るおかずです。見た目が華やかなので、お弁当のおかずにもおすすめ。

鶏ひき肉には、たんぱく質が多く含まれています。また、海苔にはビタミンAやビタミンEが豊富。これらを組み合わせることで栄養バランスがよくなり、肌荒れ対策に役立ちますよ。(※10)

5. トマトすき焼き

Photo by macaroni

甘辛いすき焼きのたれとトマトの風味が相性抜群なひと品です。自宅にホットプレートがある方は、ぜひ作ってみてください。いつもとはひと味違うすき焼きは、肉だけでなく野菜も箸が進みますよ。

トマトに多く含まれるリコピンは、メラニンの生成に関わる酵素のはたらきを抑えてくれます。また、トマトにはビタミンCも豊富。しみが気になる方におすすめの食材です。(※6)

肌にいい食べ物を使うおすすめ「副菜」レシピ5選

6. 簡単チリコンカン

Photo by macaroni

豆をごろごろ入れるチリコンカンは、たんぱく質をたくさん摂れるメキシコ料理。チリパウダーのスパイシーな香りが魅力的です。メキシコ料理というと手間がかかりそうですが、むずかしい工程はないので意外と手軽に作れますよ。

肉類や豆類には皮膚の材料となるたんぱく質が、トマトにはコラーゲンの生成を促進するビタミンCが豊富。同時に摂ることで、乾燥肌対策に役立ちます。ビタミンCは煮汁中に溶け出すので、煮汁も残さずに食べましょう。(※7,8)
※新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、不要不急の外出は控えましょう。食料品等の買い物の際は、人との距離を十分に空け、感染予防を心がけてください。
※掲載情報は記事制作時点のもので、現在の情報と異なる場合があります。
この記事に関するキーワード

編集部のおすすめ