ライター : sasa_mi

管理栄養士

高齢者施設の管理栄養士としての勤務経験から、食べることは人生を豊かにするということを実感。現在はmacaroniライターとして、子供から高齢者までが一緒に食事を楽しめるよう、役立つ…もっとみる

肌にいい栄養と食べ物とは

たんぱく質

肉類……牛、豚、鶏など
魚介類……魚、いか、たこ、貝など
大豆・大豆製品……大豆、豆腐、納豆、油揚げなど
牛乳・乳製品……牛乳、ヨーグルト、チーズなど
卵類……鶏卵、うずらの卵など

たんぱく質は、皮膚をはじめとした体の中にあるさまざまな細胞の材料になります。健康な肌作りには欠かせない栄養素です。皮膚のほかにも、筋肉や骨、髪などを構成しています。(※1,2)

ビタミンE

ナッツ類……アーモンドやくるみなど
植物油……オリーブオイル
魚介類……うなぎ、たらこなど
野菜類……西洋かぼちゃ、アボカドなど

ビタミンEは抗酸化作用を持ち、細胞膜が酸化することで起こる老化の対策をしてくれます。油脂に溶ける脂溶性ビタミンなので、油で調理することで吸収率が高くなりますよ。(※3)

ビタミンC

果物類……柑橘類(レモン、すだち、温州みかんなど)、イチゴなど
野菜類……パプリカ、ピーマン、ブロッコリーなど
いも類……さつまいも、じゃがいもなど

ビタミンCはコラーゲンをつくる材料で、肌を健康に保つ作用があります。さらに、メラニン色素の生成を抑えるはたらきがあるため、日焼け対策に役立ちまます。人間はビタミンCを体内で作ることができないため、食事から摂取することが必要です。(※4)

β-カロテン

緑黄色野菜……にんじん、ほうれん草、ピーマン、かぼちゃなど
果物類……柑橘類(温州みかん、ピンクグレープフルーツなど)、スイカなど

βカロテンは必要量に応じて体内でビタミンAに変換され、ビタミンAとしてはたらく栄養素です。ビタミンAは皮膚の新陳代謝を促します。不足すると肌のカサつきやニキビ肌につながるため、健康的な肌には欠かせません。(※5)

ビタミンB2

肉類……豚肉、レバーなど
魚介類……鮭、サバ水煮缶など
大豆製品……納豆、きな粉など
乳製品……チーズ、牛乳など
野菜類……ほうれん草、ブロッコリーなど

ビタミンB2は細胞の生まれ変わりをサポートし、肌を健やかに守るはたらきがあります。ビタミンB2は一度にたくさん摂っても体内に貯めておくことができないので、毎日補給するのが大切です。(※6)

必須脂肪酸

油脂類……あまに油、大豆油、ごま油など
魚介類……さば、いわしなどの青魚、鮭、ツナ缶など
卵類……卵黄

必須脂肪酸は、人間の体内で作ることができない栄養素。青魚やアマニ油に含まれるnー3系と、ごま油や卵黄に含まれるnー6系があります。不足すると皮膚の炎症を引き起こすことから、健康的な肌を維持するために必要な成分ですよ。(※7,8,9)
※新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、不要不急の外出は控えましょう。食料品等の買い物の際は、人との距離を十分に空け、感染予防を心がけてください。
※掲載情報は記事制作時点のもので、現在の情報と異なる場合があります。
この記事に関するキーワード

編集部のおすすめ