身体の内側からきれいに! 「肌にいい食べ物」を使ったおすすめレシピ20選

ニキビがなく色白でつるつるスベスベ。そんな肌は女性ならだれでも憧れますよね。スキンケアに力を入れるのもいいですが、食事から肌にいい食べ物をとれば体の内側からもきれいな肌を叶えることができますよ。肌にいい食材と栄養、肌にいい食事のポイントやレシピを管理栄養士が教えます。

2019年10月16日 更新

肌にいい栄養と食べ物とは

たんぱく質

肉類……牛、豚、鶏など
魚介類……魚、いか、たこ、貝など
大豆・大豆製品……大豆、豆腐、納豆、油揚げなど
牛乳・乳製品……牛乳、ヨーグルト、チーズなど
卵類……鶏卵、うずらの卵など

たんぱく質は体の一部になる栄養素。筋肉、内臓、皮膚、髪、骨、歯、血液など、体の中にあるさまざまな細胞の材料になります。たんぱく質は健康な肌作りにも欠かせない栄養素です。(※1,2)

ビタミンE

ナッツ類……アーモンドやくるみなど
植物油……オリーブオイル
魚介類……うなぎ、たらこなど
野菜類……西洋かぼちゃ、アボカド

ビタミンEは抗酸化作用を持ちます。細胞の表面が酸化することで起こる老化を防いでくれるのです。アンチエイジングの作用が期待できるビタミンと言えます。(※3)

ビタミンC

果物類……柑橘類(レモン、すだち、温州みかんなど)、イチゴ
野菜類……パプリカ、ピーマン、ブロッコリーなど
いも類……さつまいも、じゃがいも

ビタミンCと聞くと肌にいいイメージがあるかたも多いのではないでしょうか?体の細胞と細胞の間を結ぶコラーゲンをつくるのに不可欠な栄養素なので、肌の健康に役立ちます。さらに抗酸化作用もあるので、肌の老化を防止する働きもあります。(※4)

β-カロテン

緑黄色野菜……にんじん、ほうれん草、ピーマン、かぼちゃなど
果物類……柑橘類(温州みかん、ピンクグレープフルーツなど)、スイカなど

β-カロテンには有害な活性酸素から体を守り、肌の酸化を防ぐ抗酸化作用があるビタミンです。ビタミンA(β-カロテン)、ビタミンC、ビタミンEと、抗酸化作用のある3つのビタミンを同時にとると、相乗効果によりさらなる酸化の防止を期待できるとされています。(※3,5)

ビタミンB群

肉類……豚肉、レバー
魚介類……うなぎ、たらこ
大豆製品…納豆、きな粉
乳製品……チーズ、スキムミルク
野菜類……豆苗、グリンピース、枝豆

ビタミンB群は、食事でとった糖質やたんぱく質、脂質をエネルギーとして消費するために必要となる栄養素です。細胞の生まれ変わりをサポートし、肌を健やかに守る働きをしています。(※6)

肌にいい食事の基本は?

1 / 5
※掲載情報は記事制作時点のもので、現在の情報と異なる場合があります。

特集

FEATURE CONTENTS

WRITER

ちず

カテゴリー

CATEGORY

ランキング

RANKING

毎日更新!SNSで逃さずチェックしよう