ライター : 佐々木 梓

管理栄養士

妊産婦食アドバイザー、インナービューティーダイエットアドバイザー。医療機関の管理栄養士として、乳幼児から高齢者まで幅広い対象者に向けた食事カウンセリングをおこなう。料理教室…もっとみる

肌にいい栄養と食べ物とは

たんぱく質

肉類……牛、豚、鶏など 魚介類……魚、いか、たこ、貝など 大豆・大豆製品……大豆、豆腐、納豆、油揚げなど 牛乳・乳製品……牛乳、ヨーグルト、チーズなど 卵類……鶏卵、うずらの卵など たんぱく質は体の一部になる栄養素。筋肉、内臓、皮膚、髪、骨、歯、血液など、体の中にあるさまざまな細胞の材料になります。たんぱく質は健康な肌作りにも欠かせない栄養素です。(※1,2)

ビタミンE

ナッツ類……アーモンドやくるみなど 植物油……オリーブオイル 魚介類……うなぎ、たらこなど 野菜類……西洋かぼちゃ、アボカド ビタミンEは抗酸化作用を持ちます。細胞の表面が酸化することで起こる老化を防いでくれるのです。アンチエイジングの作用が期待できるビタミンと言えます。(※3)

ビタミンC

果物類……柑橘類(レモン、すだち、温州みかんなど)、イチゴ 野菜類……パプリカ、ピーマン、ブロッコリーなど いも類……さつまいも、じゃがいも ビタミンCと聞くと肌にいいイメージがあるかたも多いのではないでしょうか?体の細胞と細胞の間を結ぶコラーゲンをつくるのに不可欠な栄養素なので、肌の健康に役立ちます。さらに抗酸化作用もあるので、肌の老化を防止する働きもあります。(※4)

β-カロテン

緑黄色野菜……にんじん、ほうれん草、ピーマン、かぼちゃなど 果物類……柑橘類(温州みかん、ピンクグレープフルーツなど)、スイカなど β-カロテンには有害な活性酸素から体を守り、肌の酸化を防ぐ抗酸化作用があるビタミンです。ビタミンA(β-カロテン)、ビタミンC、ビタミンEと、抗酸化作用のある3つのビタミンを同時にとると、相乗効果によりさらなる酸化の防止を期待できるとされています。(※3,5)

ビタミンB群

肉類……豚肉、レバー 魚介類……うなぎ、たらこ 大豆製品…納豆、きな粉 乳製品……チーズ、スキムミルク 野菜類……豆苗、グリンピース、枝豆 ビタミンB群は、食事でとった糖質やたんぱく質、脂質をエネルギーとして消費するために必要となる栄養素です。細胞の生まれ変わりをサポートし、肌を健やかに守る働きをしています。(※6)

肌にいい食事の基本は?

※新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、不要不急の外出は控えましょう。食料品等の買い物の際は、人との距離を十分に空け、感染予防を心がけてください。
※掲載情報は記事制作時点のもので、現在の情報と異なる場合があります。
この記事に関するキーワード

特集

FEATURE CONTENTS