目指せ素肌美人!「アロエ化粧水」の作り方と効果について

今回は、「アロエ化粧水」の作り方をご紹介します。美肌効果が期待でき、作り方も簡単、シミやシワ、くすみ、乾燥の対策に役立つ手作り化粧水です。アロエの豊かな効能を活かして、手作り化粧水をぜひ試してみてくださいね。

「アロエ化粧水」とは

アロエは古くから、切り傷や火傷の民間療法に使われてきたとおり、食べるだけではなく、肌に塗るものとしても活用されてきました。今のように栄養や成分が分析される前から、経験的に肌によいと知られていたんでしょうね。

「アロエ化粧水」は、こうした肌に対する効果を上手く活かした、手作りスキンケアです。素肌からきれいになることを目指し、実践している人が増えているんですよ。

アロエ化粧水で期待できる美肌効果

アンチエイジング

わたしたちの肌は、表皮、真皮、皮下組織の3層構造になっており、真皮に含まれるコラーゲンによって肌が支えられています。コラーゲンは一定の周期で分解と生成がなされ、肌質を良く保っているのですが、加齢とともにコラーゲンの生成量が減ってしまいます。

アロエに含まれる「アロエステロール」には、コラーゲンを作り出す線維芽細胞に働きかけてコラーゲンの生成を促す作用が認められており、新しいコラーゲンが多く作られることによってシワやたるみの対策につながります。

抗炎症作用

「火傷にはアロエを塗るといい」と、よく言われますよね。それは、アロエに抗炎症作用が認められているため。アロエに含まれるサルチル酸などの成分には、痛みを緩和し炎症を抑える働きがあるので、軽い火傷なら治りを早めることに役立ちますよ。

にきび対策

アロエには、「アロエチン」という殺菌作用を持った成分が含まれています。ニキビは「アクネ菌」などの菌により発生することが多いのですが、アロエチンの殺菌作用にて原因菌を減らすことで、にきびができにくくなります。

また、上で述べたようにアロエには抗炎症作用があるため、にきびによる炎症を抑制し、速やかに治るよう促す効果も期待できます。

肌の保湿

アロエに含まれる糖類には、水分を保持して保湿力を高める働きがあります。肌に塗ることで、肌に含まれる水分を吸着して逃がさないようにするため、潤いを保つことにつながりますよ。

アロエ化粧水の作り方

アロエエキスの材料

・アロエベラの葉肉 …… 1kg
・ホワイトリカー …… 1.8L
・グリセリン …… 100ml
・保存用の瓶

作り方

1. アロエをきれいに洗ったら棘を除き、2cm程度の大きさに切る。

2. アロエを保存用の瓶に入れて、アロエがすべて浸るまでホワイトリカーとグリセリンを注ぎ入れる。

3. このまま2〜3ヶ月ほど冷暗所で保存すれば完成。

作るときのポイント

グリセリンの量

肌をしっとりさせたい場合はグリセリンをやや多めに、さっぱりとした使用感にしたい場合は、やや少なめにしてみましょう。

ラベルで分かりやすく

特集

SPECIAL CONTENTS