お鍋になにいれる?白菜、お肉、お豆腐...... 定番の材料はこれ!

今年もお鍋がおいしい季節がやってきました!皆さんは普段のお鍋にどんな具材を入れますか?今回はお鍋に入れる定番の食材や入れる順番、今流行の変わり種お鍋のおすすめ具材についてご紹介します♪ この記事を参考に、今夜はお鍋にしてみませんか?

鍋に材料を入れる順番と材料費の平均

材料を入れる順番

1. 根菜類

お鍋の材料を入れる順番は、火が通るのに時間がかかる白菜の芯、大根、にんじん、ごぼうなど、根菜類から入れましょう!

2. キノコ類

お出汁が温まってきたら、次はキノコ類を投入。火が通り過ぎるとドロドロになってしまう危険があるので、しいたけ、えのき、しめじなどはこのタイミングで入れると◎!

3. お肉類

お肉は火が通り過ぎてしまうと硬くなるので、お出汁が沸騰してくる頃に入れるのがベストです。

4. 白菜、白滝、長ネギなど

お肉を入れて灰汁を取ったら、白菜やしらたき、絹豆腐などを順に入れていきましょう。

お鍋の具材を入れるときのポイント!

お出汁が出る魚介類や、逆にお出汁を染み込ませたい鶏団子やつみれ類は、根菜よりも前にお鍋に入れておくと効果的です。

また、お出汁が染みたほうがおいしい硬い木綿豆腐は、根菜を入れるときなどお鍋の最初のほうに入れます。やわらかく味が染み込みやすい絹豆腐は最後の工程で入れると、おいしく仕上がります。

鍋の平均材料費

どんなお鍋を作るかでその材料費は変わってきますが、白菜、ねぎ、豆腐、きのこ、豚肉を使ったひとり用のお鍋を例にご説明します。

お鍋に使う葉物は毎年例に漏れず高めですが、1/4や1/2にカットされているものを使えば100円前後から手に入ります。また、ネギも束で売っているものではなく1本のものを買えば100円前後で購入できます。お豆腐は一丁30円ほどから。きのこはしいたけを除けば100円ほどでパックのものを購入できます。

メインになるお肉は、国産か輸入品か、どの部位を使うかで変わってきます。最安値は輸入品細切れ肉で、だいたい100g100円くらいで購入が可能。ひとりならだいたい100gから150gでたりますよね!ロースの薄切り肉の場合は、国産で100g200円から300円ほどで購入できます。

よって、だいたい500円から1,000円ほどの材料費で、シンプルなひとり用のお鍋を作ることができます。お出汁は市販のお鍋の素を使うと、安くて安定の味を作り出すことができるのでおすすめですよ♪

野菜や豆腐など!鍋に欠かせない材料

野菜

お鍋には欠かせない葉物「白菜」。冬の季節においしいお野菜で、やわらかな葉も硬い芯も食べることができる、お鍋にピッタリの食材です。また、「大根」は大根が持つ旨味とお鍋のお出汁が大根に染み込む相互関係がおいしい食材。普段は薬味としての役割が大きい「ネギ」は、メインの具材としてお出汁を吸いくたくたになった食感を楽しみます。

お出汁にも使われる「キノコ」は、しいたけ、しめじ、エノキなど、種類によって旨味が変わってくるのが楽しい食材です。

大豆製品や餅など

木綿、絹といった食感を選べる「お豆腐」は、お鍋になくてはならない食材。白だしのお鍋からキムチ鍋、豆乳鍋など、お出汁の味にかかわらず楽しむことができます。また、大胆に洋風食材の「チーズ」を使ったお鍋を楽しむ人も、最近は多くいます。チーズフォンデュのようなチーズをメインに持ってくる食べ方から、シメのトッピングとして使用するなど使い方はいろいろ。特にトマト鍋やエスニック鍋のお出汁との相性が抜群ですよ♪

「お餅」は巾着のなかに入れたり、力うどんのようにそのままを食材として、アツアツを食べます。食べ応えもあり、特に和風だしのお鍋や具材との相性がピッタリ!

肉類や魚介類◎ 鍋にうまみをプラスする材料

特集

SPECIAL CONTENTS

WRITER

きく

カテゴリー

CATEGORY

ランキング

RANKING

毎日更新!SNSで逃さずチェックしよう