ライター : yucchi

24歳のお料理ライター。なんだかしんどいときや忙しいときでも作ってみようと思えるような「シンプルな材料で簡単においしく」を叶えるレシピを発信していきます。

監修者 : 稲吉永恵

ローフードマイスター・野菜ソムリエ・オーガニックコンシェルジュ

野菜や果物の持ち味を生かす食べ方を提案する野菜ソムリエ。美容師・ローフード認定校講師として働きながら、パンと焼き菓子を製造販売しています。不調や不安をやわらげる、心と体にや…もっとみる

まずは白菜の洗い方から!

白菜には農薬が使用されていたり、虫が混入している場合があるので、料理する前にしっかりと洗うことをおすすめします。

通常の洗い方

1. 葉を1枚ずつ切り取ります。 2. 流水、もしくは水を張ったボウルに入れて、軽く手でこすりながら汚れを落とします。

重曹(食用)を使った洗い方

農薬が気になる方は、重曹洗いがおすすめです。

1. 大きめのボウルに水をはり、重曹を小さじ1杯入れて溶かします。
2. そこへ白菜を1枚ずつ入れ10〜20秒ほど泳がせるようにして洗いましょう。
3. 流水で洗えば完了です。

鍋料理や漬物におすすめ「ざく切り」の切り方

Photo by yucchi

白菜で料理をする際によく使われる切り方といえば「ざく切り」ではないでしょうか?大きめにカットするざく切りは、加熱しても白菜の食感を感じることができるのが特徴です。 また、手間がかからない切り方なので、パパッと短時間で切りたいときにも便利。しゃぶしゃぶや水炊きなどの鍋料理や、漬物に向いているおすすめの切り方ですよ。

手順

Photo by yucchi

白菜を、3~4cm程度の幅にざっくりと切ります。

※葉の部分はやわらかいので、芯より大きめにカットしてOKです。

煮物におすすめ「そぎ切り」の切り方

Photo by yucchi

白菜の芯の部分を斜めに薄く切る方法のことを「そぎ切り」と言います。切り口の表面積が大きくなるので味が染み込みやすく、火が通りにくい芯の部分も短時間でやわらかくなります。 そぎ切りも鍋料理におすすめの切り方ですが、ほかにも煮物やスープなどの煮込み料理に向いていますよ。
この記事に関するキーワード

編集部のおすすめ