白菜の基本の切り方を伝授!豆知識も覚えてマスターしよう

どんな料理にも使えるおいしい野菜といえば「白菜」ですよね。ですが切り方はいろいろあり、どんな時にどの切り方がいいのか迷われる方もいらっしゃるのではないでしょうか?今回は基本の切り方3種類ご紹介。保存方法も一緒に確認して毎日に活かしましょう!

白菜の切り方1「ざく切り」

ザク切りにされた白菜

Photo by yucchi

白菜で料理をする際によく使われる切り方といえば「ざく切り」ではないでしょうか?大きめにカットするざく切りは、加熱しても白菜の食感を感じることができるのが特徴です。

また、手間がかからない切り方なので、パパッと短時間で切りたいときにも便利。しゃぶしゃぶや水炊きなどの鍋や漬物に向いているおすすめの切り方です♪

手順

・白菜を3~4cm程度の幅にざっくりと切る。

※葉の部分は柔らかいので芯より大きめにカットしても◎
切っている様子

Photo by yucchi

白菜の切り方2「そぎ切り」

そぎ切りにした白菜

Photo by yucchi

白菜の芯の部分を斜めに薄く切る方法のことを「そぎ切り」と言います。切り口の表面積が大きくなるので味が染み込みやすく、火が通りにくい芯の部分も短時間で柔らかくなります。

そぎ切りも鍋におすすめの切り方ですが、ほかにも煮物やスープなどの煮込み料理に向いている切り方です♪

手順

1. 白菜を芯と葉の部分をV字にカットして切り分ける。
白菜を切っている様子

Photo by yucchi

2. 白菜の芯の部分を、包丁を寝かすようにして手前に引きながら1.5cm程度の幅で斜めに切る。葉の部分はそぎ切りできないので、ざっくりと3~4cm程度の幅に切る。
白菜を切っている様子

Photo by yucchi

白菜の切り方3「細切り」

細切りにした白菜

Photo by yucchi

小さいお子さまでも食べやすい切り方といえば「細切り」ですよね。白菜の細切りのやり方は2種類あります。

繊維に沿って切る場合はシャキシャキとした食感を楽しむことができ、サラダや炒め物など歯触りを楽しむ料理に向いています!繊維を断つように切る場合は、柔らかく火が通りやすいので味噌汁におすすめですよ♪

手順(繊維に沿う場合)

1. 白菜を3~4cm程度にざっくりと切る。
白菜を切っている様子

Photo by yucchi

2. 繊維に沿って3~4mmに細く切る。
白菜を切っている様子

Photo by yucchi

手順(繊維を断つ場合)

特集

SPECIAL CONTENTS