ライター : Raico

製菓衛生師 / スイーツ&フードアナリスト / フードライター

情報誌の編集・ライターとして出版社に勤務後、パティシエとしてホテル・洋菓子店・カフェレストランにて修業を重ね、デザート商品開発に携わる。一方でフードコーディネーター、ラッピ…もっとみる

卵だけで作る副菜の人気レシピ6選

1. フライパンよりも簡単。卵1個のレンジオムレツ

Photo by macaroni

卵料理の定番オムレツ。こちらは電子レンジで作る、簡単レシピです。加熱は2回に分け、耐熱容器にラップを敷いておくのがポイント。卵が熱いうちにくるっと包めば、木の葉形にまとめやすいですよ。フライパンで焼くよりも楽ちん。卵1個で作れるため、ひとり分作るときにおすすめです。

2. フライパンでOK。なめらか卵豆腐

Photo by macaroni

ほっとするやさしい味わいの卵豆腐。こちらは蒸し器を使わず、フライパンで蒸すレシピです。卵のほか、だしの素と調味料があればOK。卵液は一度濾すと、口当たりがつるんとなめらかに仕上がりますよ。「す」が入らないよう、様子を見ながら火加減や加熱時間を調節してくださいね。

3. 余熱でやわらかく仕上げて。スクランブルエッグ

Photo by macaroni

ふわふわとろとろのやわらかい卵がおいしい、スクランブルエッグ。ホテルで食べるような仕上がりにするには、余熱で火を通すことが大切です。火の入れ加減さえマスターすれば、材料が少なくて短時間で作れるレシピ。牛乳の代わりに生クリームを使えば、いっそうなめらかで高級感のある味わいです。

4. ほっとするやさしい味わい。だし巻き卵

Photo by macaroni

だし巻き卵は、たっぷりとだし汁を含んだ卵がやさしい味わいです。卵液は濾してから焼くと、口当たりがなめらか。半熟状態のうちに巻くと、ふんわりやわらかく仕上がりますよ。甘い味付けが好きな方は、砂糖を少し加えてみてください。おつまみやお弁当にもぴったりな、副菜おかずです。

5. 卵の味が濃い。自家製マヨネーズの卵サラダ

そのまま食べても、サンドイッチの具にしてもおいしい卵サラダ。こちらは卵のみで、マヨネーズも手作りするレシピです。マヨネーズは手作りすると卵の味が濃く、卵サラダのおいしさを格上げしてくれますよ。このままならパンによく合い、少ししょうゆを垂らせば、ごはんのおかずにもなります。

6. そのままでもトッピングしてもOK。温泉卵

Photo by macaroni

料理のトッピングや朝食のおかずなど、あるとうれしい温泉卵。鍋でゆでるだけで作れますが、火加減が最大のポイントです。80℃くらいの湯に30分ほど漬けておくと、白身はぷるぷる黄身はとろりと仕上がりますよ。めんつゆやごま油など、お好きな調味料をかけて召しあがれ。
この記事に関するキーワード

編集部のおすすめ