卵だけで作るお弁当おかずの人気レシピ5選

7. 砂糖を加えて。冷めてもおいしい卵焼き

Photo by macaroni

お弁当の定番おかず、卵焼きのレシピです。お弁当に入れる卵焼きは、調味料に砂糖を使うのがおすすめ。ほんのり甘味が付くだけでなく、ふっくらして冷めてもおいしいですよ。箸で巻きにくい場合は、フライ返しを使ってみて。うまく巻けなくても、温かいうちに巻きすで形を整えれば大丈夫ですよ。

8. 固ゆで卵で作ろう。味付け卵

Photo by macaroni

そのまま食べたりラーメンのトッピングにしたり、何かと使える味付け卵。こちらは酢じょうゆで味付けするレシピです。お弁当のおかずにするには、固ゆで卵で作りましょう。あらかじめ仕込んでおき、詰めるときにカットすればOKです。 おかずの隙間を埋めてくれる、忙しい朝にも重宝するひと品。

9. 食べごたえあり。ゆで卵フライ梅マヨソース

お弁当のメインおかずにもなる、ゆで卵フライです。衣がサクサクで、食べごたえが十分。レシピでは梅マヨソースを作りますが、ケチャップやソース、しょうゆでも合いますよ。ゆで卵につまようじで穴を数か所開けておくと、油で揚げるときに破裂するのを防げます。

10. 衣がサクサク。ふっくら卵焼きフライ

ひと口サイズの卵焼きをフライにする、ユニークなレシピです。卵焼きを作るとき、フライ用の卵液を取り分けておくと、無駄なく作れますよ。卵焼きは火が通っているため、衣がカラッと揚がればできあがり。表面はサクサクで、マヨネーズ入りの卵焼きはふっくらしていますよ。

11. おつまみにもなる。燻製ゆで卵

ゆで卵で作る燻製のレシピです。燻製器がなくても、中華鍋やステンレス製の鍋があれば作れますよ。燻製のなかでも、ゆで卵はトライしやすい食材。塩水に漬けてから燻製にすることで、中まで塩味が付きます。酸味が出ないように、表面をしっかりと乾燥させて、燻しましょう。

卵だけで作るおつまみの人気レシピ6選

12. 漬けるほど黄身がねっとり。みそ漬け半熟卵

ゆで卵をみそだれに漬ける、みそ漬け卵。おつまみにするなら、半熟卵で作るとおいしいですよ。ひと晩漬けると食べられますが、しっかり漬けるほど黄身まで味がしみ込み、ねっとり濃厚な味わいに。意外と手軽に作れるので、ぜひお試しください。固ゆで卵で作れば、お弁当のおかずにも使えます。
この記事に関するキーワード

編集部のおすすめ