ローディング中

Loading...

みなさんはお弁当にパスタを持って行きますか?お弁当のおかずといえば卵焼きや唐揚げなど、冷めても食べやすいものが定番。でもパスタも工夫次第でお弁当として持っていくことができますよ!前日作っておくと便利な冷凍保存のコツやレシピも紹介します。

パスタのランチは食べにくい

冷めてしまったパスタって、パスタとパスタがくっついて塊のようになってしまい、とても食べにくかった思いをしたことはありませんか。

作って少し経っただけでも塊のようになってしまうパスタをお弁当に入れて持って行こうものなら、麺は乾燥してパサパサに。さらには塊のようになってしまい、決しておいしいと思えるものではありませんよね。

ですが、思い返してみてください。店頭やお弁当屋さんで売られているお弁当に入っているパスタはカピカピに乾燥していたり、塊のようにはなっているものは少ないはず。なぜ、市販のお弁当に入っているパスタは乾燥もせず、塊のようにもならないのでしょうか。今回は、そんなパスタの疑問をさぐりたいと思います。

なんで固まっちゃうんだろう

パスタが固まってしまう原因は、パスタの原料である小麦粉に含まれているグルテンにあります。グルテンとはたんぱく質が変質したもので、片栗粉のもとにもなっています。

パスタに含まれるグルテンは茹でた後、冷めていく過程で固まってしまう性質を持っており、その結果、パスタとパスタがくっついてしまうのです。

ではくっつかないようにするには、どうすればよいのでしょうか。パスタがくっつかないように、皆さんも色々工夫されていると思いますが、お弁当に持って行ってもおいしく食べられるパスタにする方法をご紹介いたします。

パスタをお弁当に入れるコツ

1 茹でるときに油を入れる

パスタを茹でる段階で鍋にオリーブオイル、またはサラダ油を入れることでパスタ同士をくっつきにくくすることができます。

オイルを入れれば入れるほどくっつきにくくなるというわけではありませんので、入れすぎには注意してくださいね。また、茹で上がった後に水にさらしてしまうのであれば、茹でる時にオイルを入れる意味はなくなってしまいますので、水にさらす場合にはこの方法は向いていません。

入れる油はオリーブオイルでも、サラダ油でもどちらでも構いません。パスタといえばオリーブオイルを使いたくなりますが、オリーブオイルは加熱することで風味が飛んでしまいますので、茹でる時に入れるオイルは価格の安いサラダ油でもいいかもしれませんね。

2 短いパスタ麺を使う

お弁当にパスタを入れる際は、パスタを半分に折ってから茹で、調理しましょう。お弁当にはいろいろな食材を詰めますし、入れるスペースも限られていますので、パスタが長いまま入っているととても食べづらくなってしまいます。また、長いまま入れてしまうと、固まりやすくもなってしまいます。

家で食べる時はパスタを半分に折ってしまうと、お皿に盛りつけた時に見た目も悪くなりってしまい、食べづらくもなりますが、お弁当に入れる際は半分に折って入れることをおすすめします。

半分に折ってから茹でることでパスタを茹でる時に使うような大きな鍋を用意しなくてもパスタを茹でることができるのも利点です。

3 ショートパスタを使う

ペンネなどのショートパスタを使うとパスタを半分に折る必要もないため、とても便利です。茹でる際に用意する鍋も小さなもので済ませられますし、お弁当作りの忙しい朝には嬉しい話ですね。

ショートパスタの種類にもよりますが、ペンネは普通のパスタに比べるとくっつきにくいパスタであるため、お弁当のおかずとしては比較的使いやすく、食べやすいためおすすめです。

4 茹でたパスタを洗う

茹で上がったパスタをザルで水切りをし、その後水でしっかりとパスタのぬめりを取り除くように洗います。そのままではくっついて塊になってしまいますので、オイルをからめるか、油で炒めて調理します。

茹でた後にパスタを洗うと、ソースの味がパスタに入りにくくなりますので、洗ったパスタを使う場合には、すこし多めにソースにからめるとよいですよ。しっかりと油で炒めるナポリタンなどに使うのもおすすめです。

5 オイルコーティングをする

茹で上がったパスタを水切りした後、温かいうちにオイルをからませる方法は、パスタがくっつかないようにする方法としては王道ですよね。

オリーブオイルやサラダ油の代わりにバターをからませる方法もありますが、動物性の油分は植物性の油分よりも固まりやすい性質をもっていますので、お弁当に入れるパスタの場合には、バターを使用するよりもオリーブオイルの方がよいでしょう。

6 パスタをすぐに冷ます

パスタが茹で上がり、オイルコーティングをした後、お皿やバットなどにパスタが重ならないようにして広げて冷まします。この時、パスタが重なっていると、重なったまま固まってしまいますし、冷めるまでに時間もかかってしまいます。冷ます時は、できるだけ重ならないようにし、早く冷ますことが大切です。

パスタをオイルコーティング後、すぐに冷ますことでパスタに油が浸透し、パスタ同士がくっつきにくくなります。

7 具材と混ぜるときはボウル内で

お弁当に入れるパスタの場合、熱々のパスタを作る必要がないので、具材(ソース込)を先に調理し、茹で上がったパスタをボウルで混ぜ合わせて完成させる方法もおすすめです。

フライパンで火を通し過ぎると、ソースが蒸発してしまう原因になりますし、お弁当に熱々のパスタを入れることは厳禁です。できるだけ早く粗熱を取り、お弁当に詰めたいのであれば、この方法を試してみてください。

耐熱のボウルなら、具材とソースをレンジで温めて準備しておくこともできますので、とても簡単かつ洗い物が少なく調理ができます。

8 ひと口にまとめる

この記事を見た人はこんな記事も見ています

こんな記事も見られてます

レシピ スイーツ おやつ チョコレート ブラウニー ビスケット

今回はインスタで話題の「ロータスブラウニー」のレシピをご紹介!混ぜて焼くだけで作れるフォトジェニックスイーツだそうですが……そもそもロータスってなんでしょう?基本の作り方から評判、ロータスの正体まで調査してみ…

レシピ ハロウィン かぼちゃ

こっくりと優しい甘さが魅力の「パンプキンパイ」は、冷凍パイシートを使えば簡単に手作りできますよ。基本の「パンプキンパイ」の作り方、ハロウィンにピッタリのアレンジやパンプキンタルトの人気レシピもご紹介しますので…

うどん レシピ まとめ

おつゆにとろみのついたあんかけうどんは、体の芯から温まりますよね。寒くなると食べたくなるレシピのひとつではないでしょうか。今回は、卵入りや野菜メインなど、バリエーション豊富なあんかけうどんの作り方を20件ご紹…

フレンチトースト レシピ たまご

たまごのスペシャリスト「たまごソムリエ」が、おせんべいをもちもち食感のフレンチトーストに大変身させちゃいます。しかも、たった10分でできちゃう超簡単レシピ!さらにおいしくするアレンジ3種も合わせてご紹介!

レシピ

脂肪の少ないランプ肉は、赤身肉の人気部位です。ヒレ肉よりやや手頃で、上手に焼くと柔らかくなりクセが無いので人気があります。ランプ肉について詳しく学び、美味しい焼き方をマスターしてランプ肉をお家で気軽に焼いてみ…

関連するまとめ記事

こんなまとめ記事もあります

まとめ

食欲が減る色といえば青。青色の食べ物の画像を見れば、自然と食欲が減っていくんだとか。食欲をどうしても抑えられないという方には、朗報ですよね!青い食べ物をまとめたので、ダイエット中の方はぜひ参考にしてみてくださ…

調味料 マヨネーズ まとめ

調味料はどこに保存していますか?常温で保存しているもの、冷蔵庫に入れているものなど色々あるかと思いますが、それは本当に正しいのでしょうか。カビの発生を防ぎ、劣化を遅らせて、風味をきちんと保つためにも、正しい保…

日本酒 まとめ

日本酒を飲んでも「おいしい」だけで終わらせていませんか?味覚の表現を豊かにすれば、お酒を飲むのも楽しくなるはず!ということで今回は、日本酒の香りを表現するヒントを5つピックアップしてみました。

まとめ

野菜や果物ってすぐに新鮮さがなくなりますよね。そこで今回は知っておくと便利なキッチンライフハックを22選ご紹介します。野菜や果物のおいしさをキープして、新鮮な状態を長持ちさせる方法が知りたい方は必見ですよ。ぜ…

バター まとめ

バター不足で、スーパーの棚からバターがなくなったという話も耳にしますが、バターの代替えになる食品ってないのでしょうか?ということで、今回はバターの代わりになる食材についてご紹介します。手作りバターの作り方もあ…

おすすめの記事

こんな記事も人気です♪

スープ

「お腹いっぱい食べたい!でもヘルシーな食べ物を口にしたい」これは女性共通の想いですよね。そこでおすすめしたいのが、イトーヨーカドーのレンジアップスープ。具たくさんでヘルシーだと話題の厳選3品を実食し、一番おい…

ちあき

育児のかたわらライターをしています。元出版社勤務、料理も食べ歩きも...

ページTOPに戻る