ヘルシーな鶏胸肉は塩麹でおいしさアップ!簡単レシピ15選

高タンパクなのに低脂肪のヘルシーな鶏胸肉。でもちょっとパサパサが気になる、ということはありませんか?塩麹を使うと鶏胸肉がやわらかくなり旨味もアップ!今回は、定番の唐揚げ、チキン南蛮、塩麹焼き、そのほか炒め物系レシピをご紹介します。

鶏胸肉を塩麹で調理したい!

低脂肪、低カロリーなのに高たんぱくで、ビタミンB6、ナイアシン、パントテン酸などが豊富な鶏胸肉。ですが、調理すると「パサパサしてしまう」という点があげられます。
パサパサ感がつよい鶏胸肉ですが、実は水分を75%含んでいるのを知っていますか?調理の際に水が流出してしまうことにより、パサパサ感が出てしまうのです。その、鶏胸肉のパサパサを解消するのが塩麹!塩麹をつかうと、肉がやわらかくなるだけでなく、旨味を引き出すこともできます。今回は、塩麹を使った鶏胸肉の唐揚げ・チキン南蛮系のレシピと、焼き・炒め物系のレシピを紹介します。
▼塩麹が日本の国菌ということをご存知ですか?

なぜ塩麹をプラスするとおいしいの?

塩麹は麹、塩、水を混ぜて発酵させてつくる、日本古来の調味料です。塩麹には三大消化酵素と呼ばれる「アミラーゼ」「プロテアーゼ」「リパーゼ」が含まれています。「アミラーゼ」はデンプンを分解して甘みを出す働きが、「プロテアーゼ」はタンパク質を分解する働きが、「リパーゼ」には脂肪を分解する働きがあります。
この麹酵素の働きにより、塩麹に肉や魚を漬けると、タンパク質が分解され旨味成分であるアミノ酸に変化し、やわらかくなり旨味も蓄積されます。その結果、塩麹を使用した食材のおいしさがアップするのです。
▼詳しい作り方はこちら

定番の唐揚げ・チキン南蛮レシピ7選

1. 鶏胸肉の塩麹唐揚げ

唐揚げ好きの人におすすめ!しっかり塩麹につけた鶏胸肉をつかいます。カリッと揚げてもやわらかい鶏肉の味を楽しめますよ。塩麹は焦げやすいため、油の温度は低めに設定するのがポイントです。

2. 定番!チキン南蛮

チキン料理と言ったらこれ!という人もいるのではないでしょうか。こちらのチキン南蛮は、塩麹にひと晩漬けた鶏胸肉をつかいます。揚げてすぐ甘酢だれに漬け、タルタルソースをかけていただきましょう。少なめの油で揚げるのがポイントです。

3. さっぱり塩チキン

特集

SPECIAL CONTENTS