実りの秋を満喫しよう!秋野菜の特徴や調理法

秋の野菜は栄養を蓄えていて、甘くておいしい!根菜やきのこ、山草や木の実など、秋に旬を迎える野菜についてご紹介します。温かい汁物や煮物がおいしくなってくる季節、秋野菜の調理法をマスターして実りの秋を楽しみましょう。

2018年8月16日 更新

新鮮なルッコラの見分け方

葉の色が濃く大きいものは味と風味が強いです。サイズが小さく、淡い緑色をしているものもおいしくいただけますが、色が黄色く褪せてきてしまっている場合は鮮度が落ちています。

茎がピンと立っていて、シャキっとしているものを選びましょう。
▼ルッコラを使ったおすすめレシピはこちら

【そのほか】秋が旬の野菜

ぎんなん

秋を感じさせる食材といえば、ぎんなんですね。落ち葉拾いと合わせてぎんなん拾いをしたことがある方も多いのではないでしょうか。弾力のある食感と独特の香りが特徴です。

そのまま揚げて食べることも、茶碗蒸しなどの蒸し物に入れて香りを楽しむこともできます。殻付きのものが手に入ったら、塩で炒ってお酒のおつまみにいただきたいですね。

中華料理では炒め物に入れて使うことも。細かく刻むと食感のアクセントになり、お料理の幅が広がります。

新鮮なぎんなんの見分け方

殻付きのものは、殻の色が白くて表面の滑らかなものを選んでください。実は大きい方がおいしいため、殻を振ってみてコロコロと軽い音がしないかどうかチェックしてみましょう。

なかの実は透明感のある緑色のものが若く新鮮です。時間が経つと黄色く濁ってきますので、そうなる前に食べきってしまいましょう。
▼ぎんなんを使ったおすすめレシピはこちら

なす

なすは夏の野菜のイメージがあるかもしれませんが、「秋なすは嫁に食わすな」というほど秋のなすはおいしいです。夏のなすに比べ、秋は寒暖差が激しいため身がキュッと引き締まっていて味が強く、実がなめらかなのが特徴です。

焼きなすや蒸しなす、浅漬けといった、皮ごといただける料理が秋なすの味の濃さを楽しめます。また、素揚げにすることで実のなめらかさが一層強調されるため付け合わせにもおすすめです。
7 / 8

特集

FEATURE CONTENTS

WRITER

rui_nbsp_rui

カテゴリー

CATEGORY

ランキング

RANKING

毎日更新!SNSで逃さずチェックしよう