実りの秋を満喫しよう!秋野菜の特徴や調理法

秋の野菜は栄養を蓄えていて、甘くておいしい!根菜やきのこ、山草や木の実など、秋に旬を迎える野菜についてご紹介します。温かい汁物や煮物がおいしくなってくる季節、秋野菜の調理法をマスターして実りの秋を楽しみましょう。

2018年8月16日 更新

新鮮なさつまいもの見分け方

皮の色が濃く、つややかなものが新鮮なさつまいもです。真ん中がふっくらと太っていて、両端がしだいに細くなる形がよいです。切り口を触ってみて、蜜がついているものは、糖度が高い証拠です。
▼さつまいもを使ったおすすめレシピはこちら

かぶ

春の七草にも数えられるかぶですが、秋から冬の時期に旬を迎え、甘くてやわらかくなります。

生のままサラダやお漬物にするとこりこりとした食感が楽しいです。煮物や汁物に使うことも多いですね。京料理に使われるような上品なお出汁でも邪魔をせず、しっかりと煮含められる食材です。煮崩れしやすいので気を付けましょう。

葉っぱもお浸しやお味噌汁に入れるとおいしいです。無駄なく食べられるのがよいですね。

新鮮なかぶの見分け方

皮にハリがあり、ずっしりと重く硬いものを選びましょう。押してみて手が沈むもの、皺が寄るものは古い可能性があります。葉の付け根が黒かったり、葉が持っただけで落ちてきてしまうものも避けましょう。

ひげ根が少ない方が、栄養のある土で育った証拠です。ひげ根もチェックしましょう。
▼かぶを使ったおすすめレシピはこちら

れんこん

秋から冬にかけて旬を迎えるれんこん。新れんこんは秋にしか味わえません。薄切りにして生のまま食べるとシャキシャキとした食感が楽しめます。芽に近い節がもっともやわらかいので、サラダや酢の物にするとよいでしょう。

しっかりと加熱する煮物や揚げ物ではホクホクとしたお芋のような味わいに変わります。ねばりがあることも特徴で、栄養価が高いです。とろみをつけたい汁物にもおすすめですね。
2 / 8

特集

FEATURE CONTENTS

WRITER

rui_nbsp_rui

カテゴリー

CATEGORY

ランキング

RANKING

毎日更新!SNSで逃さずチェックしよう