新食感発見!毎日使いたくなる「れんこん」のレシピ20選

れんこんは具材の一部として使うことが多いように感じますが、メインとしても活躍できるんです!今回のレシピでは、よくあるれんこんのきんぴらや、おかずのメインになるはさみ揚げ、サラダなどのさまざまな料理として取り上げていますよ。

2018年10月2日 更新

バリエ広がる!れんこんの人気レシピ20選

れんこんの食感といえば、一般的に「シャキシャキ」と答える人が多いのではないでしょうか。しかし、すりおろす、じっくり煮込むなど調理法を変えればイメージが一変。ホクホク、もちもち、ザクザク……こんな食べ方あったんだ!という衝撃に出会えるはずです。

今回はさまざまな食感を楽しめるレシピを紹介。サラダや常備菜、副菜やお弁当のおかずとして、いろいろなシーンでれんこんを味わってくださいね。

温でも冷でも!サラダのレシピ3選

1. ブロッコリーとれんこんのホットサラダ

れんこんは茹でると食感が変わります。同じような食感のブロッコリーと合わせて、ホットサラダはいかが?手作りのたらこドレッシングが全体をまろやかにしてくれます。れんこんを熱湯で茹でる時間がない人は、レンチンしてもOKです。ドレッシングのストックがなくてもたらこさえあればすぐにできるのでおすすめです。

2. れんこんとエリンギのサラダ

バターで炒めた香ばしいエリンギと、揚げた薄切りれんこんチップス。一見してサラダを作っているようには見えませんが、お好きなグリーン野菜と合わせて混ぜれば、レストランに出てくるようなサラダの完成です。見た目もオシャレなひと品なので、女子会や休日のブランチなどにどうぞ。

3. れんこんの和風サラダ

れんこんをシャキっとした食感にさせるには、切ったあとに水に放つこと。スライサーで薄く切ると均一な厚さで見た目もいいですね。菜の花のほか、小松菜やほうれん草などでもOKです。わさびの効いたドレッシングが後味さっぱりに。食欲のない日にもおすすめです。

れんこんのきんぴらレシピ3選

4. ごろごろれんこんのきんぴら

ゴロッとした大きめに切ったれんこんが好きと言う人、いるでしょう。ゴロッと感を出したい場合は乱切りにするのが◎!本来、きんぴらとは千切りにした材料を炒めることを言うのだけれど……この際そこは無視しましょ。

5. れんこんとにんじんのきんぴら

こちらが本来のきんぴらをさすレシピです。れんこん、にんじんを千切りしたものを甘辛く煮るもの。常備菜としても週1作っているお宅もあるのでは?お弁当作りに励んでいるお母さんの強い味方でもありますね。ごぼうとはまた違った食感のきんぴらを楽しむことができます。
1 / 4

特集

FEATURE CONTENTS

WRITER

mikki_no

カテゴリー

CATEGORY

ランキング

RANKING

毎日更新!SNSで逃さずチェックしよう